身分関係を証明する書類|大阪 中央区の行政書士なら、相続・遺言書作成・帰化申請のサポートを行う『可児行政書士事務所』にお任せください。

06-4305-7395

お役立ち情報

お問い合わせ

身分関係を証明する書類

帰化申請 

身分関係を証明する書類について

必要な「身分関係を証明する書類」は、国籍に応じて異なります。

 

韓国籍・朝鮮籍の方が必要な本国書類
  1. 基本証明書(訳文)(本人)
  2. 家族関係証明書(訳文)(本人・父・母)
  3. 婚姻関係証明書(訳文)(本人・父・母)
  4. 入養関係証明書(訳文)(本人)
  5. 親養子関係証明書(訳文)(本人)
  6. 除籍謄本(父母婚姻から2008年1月1日までのもの)
  7. 除籍謄本(母10歳くらいから父母婚姻までのもの)
  8. 除籍謄本(その他指示されるもの)

本籍(登録基準地)が分からない場合

中国籍の方が必要な本国書類
  1. 本人の出生公証書(訳文)
  2. 父母の婚姻公証書(訳文)
  3. 親族関係公証書(訳文)
  4. 本人達の婚姻公証書(訳文)(本人が中国人同士で結婚している場合)
  5. 夫婦関係公証書及び死亡公証書(訳文)(父母の一方または双方が死亡している場合)

 

台湾国籍の方が必要な本国書類
  1. 本国の戸籍謄本(訳文)
  2. 本国の除籍謄本(訳文)(父母婚姻から現在までのもの)

 

その他の国籍の方が必要な本国書類
  1. 出生証明書(訳文)(本人・兄・姉・弟・妹)
  2. 婚姻証明書(訳文)(本人・父母)
  3. 親族関係証明書(訳文)
  4. 死亡証明書(父母の一方または双方が死亡している場合)