自動車の移転登録について|大阪 中央区の行政書士なら、相続・遺言書作成・帰化申請のサポートを行う『可児行政書士事務所』にお任せください。

06-4305-7395

お役立ち情報

お問い合わせ

自動車の移転登録について

車両関連業務 

 

自動車の登録手続きには次のようなものがあります。

  1. 新車・中古車でナンバーのついていない車を登録する場合(新規登録)
  2. 氏名・住所・使用の本拠の位置などを変更した場合(変更登録)
  3. 自動車を売買等により譲渡、譲受する場合(移転登録)
  4. 自動車の使用を止めた又は解体等又は輸出する場合(抹消登録)
  5. ナンバープレートを紛失などした場合(番号変更)

こちらでは、自動車の名義を変更する移転登録の場合について見て行たいと思います。
 

移転登録とは

登録を受けている自動車を譲り受けたとき(または譲り渡したとき)は、15日以内に使用の本拠の位置を管轄する運輸支局または自動車検査登録事務所で、名義を譲受人に書き換える移転登録の手続きを行う必要があります。

 

申請に必要な書類

旧所有者に必要な書類
  • 申請書(OCRシート第1号様式)
  • 自動車車検証(車検の有効期間のあるもの)
  • 印鑑証明(発行後3カ月以内のもの)
  • 旧所有者の実印(代理人申請の場合は不要)
  • 譲渡証明書(新旧所有者を記入して旧所有者の実印を押印)
  • 旧所有者の委任状(実印を押印、本人申請の場合は不要)
  • 手数料納付書(自動車検査登録印紙を添付)
  • 変更の事実を証する書面(旧所有者に住所、氏名等に変更がある場合のみ必要)
変更の事実を証する書面とは?

  • 個人で住所が変わっている場合・・・変更内容が確認できる住民票(2回以上変わっている場合は、住民票除票または戸籍の附票で住所のつながりを証明する必要があります。)
  • 個人で苗字が変っている場合・・・戸籍謄本
  • 法人で名称や所在地が変更になっている場合・・・商業登記簿謄本

 

新所有者に必要な書類(新しい所有者と新しい使用者が同じ場合)

「旧所有者に必要な書類」に加えて

  • 新所有者の印鑑証明(発行後3カ月以内のもの)
  • 新所有者の実印(代理人申請の場合は不要)
  • 新所有者の委任状(実印を押印、本人申請の場合は不要)
  • 自動車保管場所証明書(使用の本拠の位置が変更になる場合のみ、発行後1か月以内のもの)

 

新所有者に必要な書類(新しい所有者と新しい使用者が違う場合)

「旧所有者に必要な書類」に加えて

  • 新所有者の印鑑証明(発行後3カ月以内のもの)
  • 新所有者の実印(代理人申請の場合は不要)
  • 新所有者の委任状(実印を押印、本人申請の場合は不要)
  • 新所有者の住所を証する書面(個人の場合は住民票又は印鑑証明、法人の場合は登記簿謄本等、それぞれ発行後3カ月以内のもの)
  • 新使用者の委任状(認印を押印、本人申請の場合は不要
  • 自動車保管場所証明書(発行後1か月以内のもの)

 

必要書類のまとめ

旧所有者 新所有者 新使用者
申請書
自動車車検証
印鑑証明
実印

(本人申請の場合)

譲渡証明書
委任状

(代理人申請の場合)

手数料納付書
(変更の事実を証する書面)
自動車保管場所証明書

 

費用

登録手数料:500円

ナンバープレート交付手数料(自動車登録番号が変更する場合のみ):約2,000円

まとめ

弊事務所でも車庫証明の申請代行を承っております。

ご自身で申請に行く時間がないなどの場合は、ご活用下さい。