信託財産に不動産を組み入れたときの登録免許税について|相続手続き,遺言書作成,帰化,在留資格取得のサポートなら大阪市中央区上本町の可児行政書士事務所

06-4305-7395

お役立ち情報

お問い合わせ ページトップへ

信託財産に不動産を組み入れたときの登録免許税について

家族信託 


 
家族信託の信託財産に不動産を組み入れた場合、その不動産の所有権を委託者から受託者に移転させることが必要になります。この際にも売買等で所有権を移転するときと同様に登録免許税が課せられますが、信託の場面に応じてその率は異なります。
 
以下に場面ごとの登録免許税について説明いたします。
 

信託設定時

信託設定時は、不動産の所有権移転登記と信託登記の2つの登記を行う必要があります。
登録免許税は以下のようになります。
 

登記の種類 税率
所有権移転 非課税
信託
  • 土地:固定資産評価額の3/1000(~令和3年3月31日)
  • 建物;固定資産評価額の4/1000

 
 

受益者の変更時

最初に設定した受益者が死亡して2番目の受益者に受益権が移動するときは、受益者変更の登記が必要になります。
 

登記の種類 税率
所有権移転 非課税
受益者 不動産1個につき、1,000円

 
 

受託者の変更時

受託者が死亡したり、辞任や解任などの理由で新しい受託者に変更したときは課税されません。
 

登記の種類 税率
所有権移転 非課税
受託者 非課税

 
 

信託の終了時

信託が終了するとき、信託財産の所有権が帰属権利者に移ります。
 

登記の種類 税率
所有権移転 固定資産評価額の20/1000 (※)
信託抹消 不動産1個につき、1,000円

※信託設定時に委託者=受益者であって、信託期間中に受益者の変更がないときに、信託終了となる場合の受託者から委託者へ所有権を移転するときの登録免許税は非課税となります。
 

家族信託・任意後見に関するご相談

些細なことでもお気軽にご相談下さい。
ご要望があればご自宅などにお伺いしてお話をお聞きいたします。
☎06-4305-7395 ✉info@office-kani.com

 

 

関連するトピック一覧

  1. 家族信託について
  2. 家族信託の種類について
  3. 信託の倒産隔離機能とは
  4. 家族信託における受託者の義務
  5. 家族信託と遺留分
  6. 信託できる財産とできない財産
  7. 家族信託において委任者の権利について
  8. 弁護士などの法律専門職は家族信託の受託者になれるか
  9. 家族信託において受託者が税務署に提出すべき書類について
  10. 家族信託が終了となる事由
  11. 信託財産に不動産を組み入れたときの登録免許税について
  12. 任意後見制度と家族信託の比較
  13. 任意後見制度とは