弁護士などの法律専門職は家族信託の受託者になれるのか|家族信託は大阪市中央区上本町の可児行政書士事務所にお任せ下さい。

06-4305-7395

お役立ち情報

お問い合わせ ページトップへ

弁護士などの法律専門職は家族信託の受託者になれるのか

家族信託 

 

任意後見では、受任者(家族信託における受託者と同じような立場の者)を親族にする以外に弁護士などの法律専門職に依頼することがままあります。

後見人には様々な責任や義務が伴いますので、親族に任せるより、制度について熟知している専門職に任せることでより安心されることもあろうかと思います。

では、家族信託においても任意後見制度と同様に受託者を弁護士などの法律専門職に据えることができるのでしょうか。家族信託においても受託者はメインプレイヤーであり一番重要な立場にある者といっても過言ではないと思います。

 

法律専門職は受託者に就任できない

結論から先に申し上げますと、弁護士などの法律専門職は受託者に就任することはできません。

まず、信託は大きく「民事信託」と「商事信託」に分かれ、家族信託は民事信託に含まれます。民事信託については「信託法」、商事信託については「信託業法」にそれぞれ規定されていますが、「信託業法」にその根拠があります。

信託業法では、「信託の引受けを行う営業をする者は、内閣総理大臣の免許又は登録を受けた者である」と規定されています。

(信託業法 第2条)
この法律において「信託業」とは、信託の引受けを行う営業をいう。

(信託業法 第3条)

信託業は、内閣総理大臣の免許を受けた者でなければ、営むことができない。

 

弁護士などの法律専門職が、業務において受託者に就任するということは「営業」にあたり、内閣総理大臣の免許を受けていない以上、その営業をすることはできないというわけです。

 

業務外ならできるのか?

では、旧知の弁護士に、業務としてではなく知人としての立場で受託者に就任してもらうことはできるのでしょうか。

 

明確に法律で規定されているわけではありませんが、知人からの依頼で単発的に請け負うのであれば信託業法違反には当たらないような気もします。見解の分かれるところではあると思いますが、依頼を受ける側が信託業法をどう解釈しているかによるでしょう。

 

受託者以外ならできる?

家族信託の主な登場人物は、委託者、受託者、受益者ですが、それら以外に「信託監督人」や「受益者代理人」という役割を置くこともできます。

信託監督人は、受益者保護のため受託者を監視監督する立場の第三者で、受益者代理人は認知症などで判断能力が衰えた受益者の代理人という立場で受託者を監視監督する第三者のことをいいます。

 

これら信託監督人、受益者代理人に弁護士などの法律専門職が就き報酬を得ることは禁止されいるわけではありません。

受託者の信託事務遂行能力に不安がある場合は、信託監督人、受益者代理人などの監督機関を置くことを検討されてもいいかと思います。

 

 

家族信託・任意後見に関するご相談

些細なことでもお気軽にご相談下さい。
ご要望があればご自宅などにお伺いしてお話をお聞きいたします。
☎06-4305-7395 ✉info@office-kani.com

 

 

関連するトピック一覧

  1. 家族信託について
  2. 家族信託の種類について
  3. 信託の倒産隔離機能とは
  4. 家族信託における受託者の義務
  5. 家族信託と遺留分
  6. 信託できる財産とできない財産
  7. 家族信託において委任者の権利について
  8. 弁護士などの法律専門職は家族信託の受託者になれるか
  9. 家族信託において受託者が税務署に提出すべき書類について
  10. 家族信託が終了となる事由
  11. 信託財産に不動産を組み入れたときの登録免許税について
  12. 任意後見制度と家族信託の比較
  13. 任意後見制度とは