代表挨拶

お問い合わせ ページトップへ

代表のプロフィール

可児 和武

Kazutake Kani

略歴

昭和42年(1967年)生まれ
近畿大学理工学部 卒業
卒業後、1年間英国に語学留学
機械メーカー勤務・金属部品メーカーの経営者を経て行政書士事務所を開業
現在、妻・2人の娘と奈良県北葛城郡広陵町に居住

ご挨拶

はじめまして、可児行政書士事務所 事務所代表の可児和武(かに かずたけ)と申します。

当事務所のホームページをご訪問いただきましてありがとうございます。


当事務所は、行政書士業務全般を手がけておりますが、その中でも特に「帰化申請サポート」、「在留資格(ビザ)に係る申請のサポート」そして「相続手続きサポート」、「遺言書作成のサポート」に注力しております。

こちらのホームページ内に、これらの業務に関して様々な情報を掲載しております、皆さまのお役に立てれば幸いでございます。


世の中には数多くの行政書士事務所がございます。 それらの中には業務の効率化や許認可の成功率を重視するあまり、込み入った事案については受任を断る事務所が散見しているようです。

勇気を出して相談に行ったのに上からの目線で対応された、定型外の業務であるからといった理由ですぐ断られた、といったような行政書士に対する苦情を聞くことがあります。

当事務所は、困っておられる方に寄り添い、一人一人の背景、事情に合わせたオーダーメイドのサポートをさせていただくよう心掛けております。 安心してご相談下さい。


ご縁をいただき、お会いできることを楽しみにお待ちしております。