お役立ち情報

お問い合わせ

相続の種類について

相続サポート 


 

相続には色々な種類があります。

相続の種類は、「1.単純承認」、「2.限定承認」、「3.相続放棄」の3つに分かれます。
 

1.単純承認

一番簡単な方法が単純承認です。
 
単純承認を選択すると、プラスの財産もマイナスの財産も全て相続します。そのため、仮にプラスの財産よりものマイナスの財産(借金など)が多い場合、相続人がご自身の財産を持ち出し借金を返済することになります。
 
単純承認をする場合、特に手続きは必要ではなく、法律で定められた期間内に相続人が「限定承認・相続放棄」を家庭裁判所に申述(申し出)しなかった場合は、単純承認したものとみなされます。
 

2.限定承認

プラスの財産もあるけれどマイナスの財産もあって、差し引きした場合にプラスになるかマイナスになるか分からないという場合には「限定承認」が有効です。
 
お亡くなりになった方に負債(借金などのマイナスの財産)があった場合、その負債をプラスの財産だけから返済すればよい、という方法です。
 
限定承認する場合は、家庭裁判所に申述(申し出)し、これを認めてもらう必要があります。
これは、自己のために相続の開始があったことを知ってから(一般的には死亡を知ってから)、3カ月以内にする必要があります。
 

3.相続放棄

相続財産に、プラスの財産よりマイナスの財産の方が明らかに多い場合は、相続そのものをしない「相続放棄」が有効です。
 
相続放棄をすると、初めから相続人とならなかったものとみなされるため、何も相続することはありません。
 
相続放棄をする場合は、限定承認と同様に家庭裁判所に申述(申し出)し、これを認めてもらう必要があります。
こちらも、自己のために相続の開始があったことを知ってから(一般的には死亡を知ってから)、3カ月以内にする必要があります。
 

 

相続サポート トピック一覧

  1. 相続税の配偶者控除とは
  2. 相続分なきことの証明書とは
  3. 相続開始からの手続きの流れ
  4. 相続の種類について
  5. 相続の基礎知識
  6. 相続人の確定
  7. 遺産分割協議
  8. 不動産の評価方法
  9. 相続債務の調査について
  10. 戸籍の収集
  11. 代襲相続とは
  12. 相続人の欠格・廃除
  13. 遺留分って何?
  14. 相続人のどなたかが海外在住の場合
  15. 遺産分割協議証明書
  16. 相続人が行方不明である場合
  17. 内縁の配偶者に財産を残すには
  18. 数次相続とは
  19. 特別受益とは
  20. 法定相続情報制度について
  21. 寄与分とは
  22. 農地を相続した場合
  23. 銀行で相続手続きに必要な書類
  24. 死亡保険は相続財産?
  25. 不在者財産管理人とは
  26. 失踪宣告とは