在留資格「短期滞在」について|大阪 中央区の行政書士なら、相続・遺言書作成・帰化申請のサポートを行う『可児行政書士事務所』にお任せください。

06-4305-7395

お役立ち情報

お問い合わせ

在留資格「短期滞在」について

外国人関連業務 


 
「短期滞在」の在留資格は、日本に一時的に滞在して、観光、親族訪問、短期商用などの活動を行う外国人を受け入れるために設けられたものです。

査証免除国の外国人は、前もって「短期滞在」ビザを取得する必要はなく、入国審査時に入国目的を説明して「短期滞在」ビザを取得します。
査証免除国以外の外国人の場合は、その国内の在外公館で「短期滞在」ビザをあらかじめ取得する必要があります。
「短期滞在」ビザで就労活動は行うことができません。「資格外活動許可」についても、原則として許可されません。

 

該当範囲

日本に短期間滞在して行う観光、保養、スポーツ、親族の訪問、見学、講習又は会合への参加、業務連絡その他これらに類似する活動

 

具体的には、次のような活動が「短期滞在」に該当します。

  1. 観光、娯楽、参詣、通過の目的での滞在
  2. 保養、病気治療の目的での滞在
  3. 競技会、コンテスト等へのアマチュアとしての参加
  4. 友人、知人、親族等の訪問、親善訪問、冠婚葬祭等への出席
  5. 見学、視察等の目的での滞在
  6. 教育機関、企業等の行う講習、説明会等の参加
  7. 報酬を受けないで行う講義、講演等
  8. 会議その他の会合への参加
  9. 日本い出張して行う業務連絡、商談、契約調印、アフターサービス、宣伝、市場調査、その他の短期商用
  10. 日本を訪れる国公賓、スポーツ選手等に同行して行う取材活動等、本国での取材活動に付随した一時的用務としての報道、取材活動
  11. 日本の大学等の受験、外国法事務所弁護士となるための承認を受ける等の手続
  12. 報酬を受けずに外国の大学生等が学業等の一環として日本の公私の機関に受け入れられて実習を行う90日以内の活動
  13. その他日本において収入を伴う事業を運営し又は報酬を得る活動をすることのない短期の滞在

 

申請の流れ

  1. 必要書類を準備する。(日本側、外国側)
  2. 必要書類を申請人(来日する外国人)に送付する。
  3. 居住地最寄りの日本大使館(又は領事館)で申請する。
  4. 日本大使館(又は領事館)にて審査される。
  5. 審査終了後、旅券を取りに行く。
  6. 3カ月以内に日本に入国して下さい。

 

申請時に必要となる書類

外国にいる申請人
  • パスポート
  • 査証申請書
  • 写真

 

日本の招へい人
  • 招へい理由書
  • 滞在予定表
  • 身元証明書
  • その他必要書類

 

「短期滞在」の在留資格の在留期間の更新について

「短期滞在」は文字通り短期の滞在を目的とする活動に対して許可されるものなので、中長期間にわたって滞在を希望する場合は、一度帰国して、他の在留資格を取得するのが原則ですが、“やむを得ない事情がある場合”、“特別な事情がある場合”は在留期間の更新が認められることがあります。

“やむを得ない事情がある場合”、“特別な事情がある場合”とは具体的に、入国後の病気、ケガなどで当初の入国目的が達成できなかった場合やその治療の為に時間が必要な場合などです。

これらの場合でも、その理由に疑いがないこと、滞在費用の支払い能力があること、出国手段が確保されていることなどを証明し、認めてもらう必要があります。