お役立ち情報

お問い合わせ ページトップへ

在留資格「定住者」について

ビザ(在留資格)申請サポート 

在留資格「定住者」は、他のいずれの在留資格にも該当しない人、日本において相当期間の在留を認める特別な事情があると判断された人に対して与えられる在留資格です。

在留資格「定住者」には在留活動に制限がありませんので、どのような仕事でもすることができます。

在留資格「定住者」の在留資格で引き続いて一定期間日本に在留していた人は、在留資格「永住者」への変更が認められ易くなります。
 

該当範囲

法務大臣が特別な理由を考慮し一定の在留期間を指定して居住を認める者

 

定住者告示

定住者告示とは、法律の規定により、在留資格「定住者」として来日するための条件を示したものです。

在留資格「定住者」として来日する場合は、この“定住者告示”に該当しなければなりませんが、すでに他の在留資格で日本にいる外国人は、必ずしも“定住者告示”に該当しなくても、「他の在留資格」から「定住者」への変更が認められることも不可能ではないです。ただし、この場合でも、“やむを得ない特別の事情”が無ければ認められません。

主な定住者告示に該当する方は以下の通りです。

  • 一号 ミヤンマー難民(タイ)
  • 二号 ミヤンマー難民(マレーシア)
  • 三号 日本人の子として出生した者の実子
    • 日本人の孫(三世)
    • 元日本人の日本国籍離脱後の実子(二世)
    • 元日本人の日本国籍離脱前の実子の実子(三世)
    • 日系四世についてはこちら
  • 四号 日本人の子として出生した者でかつて日本国民として日本に本籍を有したことがあるものの実子の実子
    • 元日本人の国籍離脱後の実子の実子(三世)
  • 五号 配偶者(次のいずかに該当)
    • イ 日本人の配偶者
    • ロ 定住者(在留期間が1年以上)の配偶者
    • ハ 定住者(三号、四号)の配偶者
  • 六号 未成年で未婚の実子
    • イ 日本人、永住者、定住者の子
    • ロ 定住者(在留期間が1年以上)の子(三号、四号、五号ハを除く)
    • ハ 定住者(三号、四号、五号ハ)の子
    • ニ 日本人、永住者、特別永住者、定住者(在留期間が1年以上)の配偶者の子
    • ※配偶者は在留資格「日本人の配偶者等」「永住者の配偶者等」を有するものに限る

  • 七号 6歳未満の養子
    • イ 日本人の養子
    • ロ 永住者の養子
    • ハ 定住者(在留期間が1年以上)の養子
    • ニ 特別永住者の養子
  • 八号 中国残留邦人及びその関係者

 

素行善良要件

定住者告示の三号、四号、五号ハ、六号ハに該当する方は、“素行が善良であること”が審査基準の一つとされおり、その判断基準は以下の通りです。

  • 懲役、禁錮または罰金に処せられたことがないこと(一定期間が経過した者は除く)
  • 少年法による保護処分が継続中ではないこと
  • 軽微な法令違反であっても、繰り返し行ったりしないこと
  • 入管法上の違法行為、不法就労のあっせんを行った者ではない

 

定住者告示に定めがないもの(告示外)

  • ア 日本人、永住者又は特別永住者である配偶者と離婚後引き続き日本に在留を希望する者(ウに該当する者を除く)
  • イ 日本人、永住者又は特別永住者である配偶者が死亡した後引き続き日本に在留を希望する者(ウに該当する者を除く)
  • ウ 日本人の実子を看護・養育する者
  • エ 日本人、永住者又は特別永住者である配偶者との婚姻が事実上破綻し、引き続き日本に在留を希望する者

※ウを除き、3年以上の婚姻実績が必要
 

告示外の審査ポイント
  • 独立の生計を営むに足りる資産又は技能を有する
  • 日常生活に不自由しない程度の日本語能力を有しており、通常の社会生活を営むことが困難となるものではないこと
  • 公的義務を履行していること、又は履行が見込まれること

 

可児行政書士事務所にお任せください

可児行政書士事務所では、在留資格(ビザ)に係る申請にあたって以下のようなサポートをさせていただきます。

お客様に代わって書類を収集します。

在留資格(ビザ)に係る申請では、在留資格に応じて様々な書類を集める必要があります。
 
それぞれ取得申請する役所が異なり、土・日・祝日には窓口は開いていないため、平日に時間をつくって役所に行かなければなりません。
 
当事務所がお客様に代わって、面倒な書類の収集をいたします。
書類の束

お客様に代わって書類を作成します。

在留資格(ビザ)に係る申請では、申請書をはじめ定められた書類を作成する必要がありますが、審査官の理解を得るために定められた書類以外の書類(「理由書」など)を作成した方がベターなケースがあります。
 
当事務所がお客様の事情に応じて、どのような資料を提出すべきかを考慮して、お客様に代わって書類の作成をいたします。
書類の作成

お客様に代わって出入国在留管理局に申請いたします。

申請時は、管轄の出入国在留管理局に行く必要がありますが、待ち時間が1時間以上となることも珍しくありません。
 
当事務所の申請取次行政書士がお客様に代わって申請いたしますので、お客様は出入国在留管理局に行く必要がありません。
出入国在留管理管理局

 



 

この記事を書いた人

大阪の行政書士 可児和武の画像
可児行政書士事務所の可児(かに)と申します。

旅行が好きで、ふらっと出かけることもあります。昔は家族でよく出かけていましたが、最近は妻も娘も相手にしてくれなくなったので、一人旅を楽しんでおります。サービスエリアで1人ソフトクリームを食べているおじさんを見たら、たぶんそれはワタシです。