お役立ち情報

お問い合わせ ページトップへ

日系四世の受入れ制度について

ビザ(在留資格)申請サポート 


 
従前は、原則として認められていなかった日系四世の受け入れが、2018年7月より認められるています。

この制度は,日系四世の方に,日系四世受入れサポーターの方からの支援を受けながら,日本文化を習得する活動等を通じて日本に対する理解や関心を深めてもらい,日本と現地日系社会との架け橋になってもらうくことを目的としています。

在留期間は6月又は1年で、所定の要件を満たせば,通算して最長5年間,日本に滞在することが可能です。

この制度は、日本文化や日本における生活様式を理解することを目的としており、その為の資金を補うために一定の就労をすることができます。
 

申請→入国→在留の流れ


(出典:法務省 入国管理局 日系四世の更なる受入制度)
 

受け入れの要件

  • 年齢が18歳以上 30歳以下であること
  • 本国、入国前の居住国において犯罪歴がないこと
  • 健康であり、健康保険に加入していること
  • 家族を帯同しないこと
  • 入国後の生計維持がされていること(預貯金、就労の見込みなど)
  • 帰国旅費が確保されていること
  • 一定の日本語能力があること

 

必要書類

申請には、以下の書類を用意する必要があります。

必要書類
  1. 日経四世であることを証明する資料(戸籍謄本、除籍謄本、出生証明書など)
  2. 年齢を証明する資料(パスポート、運転免許証など)
  3. 帰国旅費が確保されていることを証明する資料(預金残高証明書など)
  4. 健康であることを証明する資料(健康診断書など)
  5. 素行が善良であること」を証明する資(犯罪履歴証明書など)
  6. 健康保険に加入していることを証明する資料
  7. 日本語能力を証明する資料

 

日系四世受入れサポーターとは?

日系四世受入れサポーターは,日系四世の方が日本語や日本の文化などを学ぶ活動などを問題なく行えるよう,色々なサポートを無償で行う個人又は団体です。

日系四世の方がこの制度で入国・在留する場合は,サポーターがいることが求められますので,まず,サポーターとなる方を見つけることが必要です。
 

(出典:法務省 入国管理局 日系四世の更なる受入制度)

 

可児行政書士事務所にお任せください

可児行政書士事務所では、在留資格(ビザ)に係る申請にあたって以下のようなサポートをさせていただきます。

お客様に代わって書類を収集します。

在留資格(ビザ)に係る申請では、在留資格に応じて様々な書類を集める必要があります。
 
それぞれ取得申請する役所が異なり、土・日・祝日には窓口は開いていないため、平日に時間をつくって役所に行かなければなりません。
 
当事務所がお客様に代わって、面倒な書類の収集をいたします。
書類の束

お客様に代わって書類を作成します。

在留資格(ビザ)に係る申請では、申請書をはじめ定められた書類を作成する必要がありますが、審査官の理解を得るために定められた書類以外の書類(「理由書」など)を作成した方がベターなケースがあります。
 
当事務所がお客様の事情に応じて、どのような資料を提出すべきかを考慮して、お客様に代わって書類の作成をいたします。
書類の作成

お客様に代わって出入国在留管理局に申請いたします。

申請時は、管轄の出入国在留管理局に行く必要がありますが、待ち時間が1時間以上となることも珍しくありません。
 
当事務所の申請取次行政書士がお客様に代わって申請いたしますので、お客様は出入国在留管理局に行く必要がありません。
出入国在留管理管理局

 



 

この記事を書いた人

大阪の行政書士 可児和武の画像
可児行政書士事務所の可児(かに)と申します。

旅行が好きで、ふらっと出かけることもあります。昔は家族でよく出かけていましたが、最近は妻も娘も相手にしてくれなくなったので、一人旅を楽しんでおります。サービスエリアで1人ソフトクリームを食べているおじさんを見たら、たぶんそれはワタシです。