お役立ち情報

お問い合わせ ページトップへ

「日本人が従事する場合に受ける報酬と同等額以上の報酬を受けること 」について

ビザ(在留資格)申請サポート 


企業が外国人を雇用する場合、「技術・人文知識・国際業務」「技能」「経営管理」などの在留資格を持ち在留する人の報酬は、本人の学歴、職歴や経験などの資格による要件に加えて、「日本人と同等額以上の報酬を受けること」が要件となっています。

この意味は文字通り外国人に支払う報酬・給与が、その企業内で同じ業務を担当する日本人の社員と同等かそれ以上でなければならないということです。

外国人を雇用する場合でも最低賃金法により定められた最低賃金以上の賃金を支払わなければないのは当然ですが、低賃金労働者となるような外国人は単純労働をしているとみなされ、これは在留資格「技術・人文知識・国際業務」「技能」「経営管理」の趣旨と相いれるものではありません。

入管法には、給与〇〇円以上という明確な金額は規定されていませんが、雇用する企業側は、同じ職務内容の日本人と同等の給与を設定しておけば問題はないことになります。

審査要綱に在留資格「興行」に係る上陸基準省令において、月額20万円以上の報酬を要件とする規定があることから、これが一つの基準とも考えられてます。
 

審査要綱の報酬の定義

以下が、審査要綱で定められている報酬の定義です。

【報酬の定義】

  1. 報酬の月額は、賞与等を含めた1年間従事した場合に受ける報酬の総額の12分の1で計算する。
  2. 報酬とは、「一定の役務の給付の対価として与えられる反対給付」をいい、通勤手当、扶養手当、住宅手当等の実費弁償の性格を有するもの(課税対象となるものを除く。)は含まない。
  3. 「日本人が従事する場合に受ける報酬と同等学以上の報酬を受けること」については、報酬額を基準として一律に判断する場合に受ける報酬と同等額以上であるか、また、他の企業の同種の職種の賃金を参考にして日本人と同等額以上であるかについて判断します。なお、この場合、外国人が大卒であればその企業の日本人大卒者の賃金を、専門職、研究職であればその企業の日本人専門職、研究職の賃金を参考にする。

 

お気軽にご相談ください。

当事務所では在留資格・ビザのご相談を随時受け付けております。
電話や問合せフォームよりお気軽にお問合せ下さい。
 

【ビザ・在留資格に係る申請】は可児行政書士事務所にお任せください

可児行政書士事務所では、在留資格(ビザ)に係る申請にあたって以下のようなサポートをさせていただきます。

お客様に代わって書類を収集します。

在留資格(ビザ)に係る申請では、在留資格に応じて様々な書類を集める必要があります。
 
それぞれ取得申請する役所が異なり、土・日・祝日には窓口は開いていないため、平日に時間をつくって役所に行かなければなりません。
 
当事務所がお客様に代わって、面倒な書類の収集をいたします。
書類の束

お客様に代わって書類を作成します。

在留資格(ビザ)に係る申請では、申請書をはじめ定められた書類を作成する必要がありますが、審査官の理解を得るために定められた書類以外の書類(「理由書」など)を作成した方がベターなケースがあります。
 
当事務所がお客様の事情に応じて、どのような資料を提出すべきかを考慮して、お客様に代わって書類の作成をいたします。
書類の作成

お客様に代わって出入国在留管理局に申請いたします。

申請時は、管轄の出入国在留管理局に行く必要がありますが、待ち時間が1時間以上となることも珍しくありません。
 
当事務所の申請取次行政書士がお客様に代わって申請いたしますので、お客様は出入国在留管理局に行く必要がありません。
出入国在留管理管理局

 



 

この記事を書いた人

大阪の行政書士 可児和武の画像
可児行政書士事務所の可児(かに)と申します。

旅行が好きで、ふらっと出かけることもあります。昔は家族でよく出かけていましたが、最近は妻も娘も相手にしてくれなくなったので、一人旅を楽しんでおります。サービスエリアで1人ソフトクリームを食べているおじさんを見たら、たぶんそれはワタシです。