お役立ち情報

お問い合わせ

香港人との結婚手続き

国際結婚 


 
香港は中国の一部ですが、一国二制度が採用されており中国本土とは制度が異なります。
 

結婚可能な年齢も中国と香港は異なっています。中国では男性22歳以上、女性20歳以上が婚姻年齢となっていますが、香港では
男女ともに親の同意があれば16歳で結婚することができます。
 
21歳以上であれば、親の同意なしでも結婚することができます。
 

先に日本で婚姻する場合

  1. 香港にある結婚登記所で「結婚記録不在証明書(独身証明書)」を取得する。
  2.    

  3. 日本にある中国大使館で婚姻要件具備証明書を取得する。
  4. ―必要なもの-
    ・香港人のパスポートのコピー
    ・在留カードのコピー
    ・結婚記録不在証明書(独身証明書)
    ・離婚届受理証明書(離婚経験がある場合)
       

  5. 日本の配偶者が住んでいる場所の区役所で婚姻届けを提出する。
  6. ―必要なもの-
    ・婚姻届
    ・戸籍謄本
    ・婚姻要件具備証明書(中国大使館・総領事館で取得したもの)
    ・具備証明書の日本語訳
    ・パスポート

 

先に香港で婚姻する場合

  1. 結婚登記所に、入籍式(結婚式)の予約を入れる。(インターネットで予約が可能)
  2. ―必要なもの-
    ・香港人のID番号
    ・日本人の氏名
    ・日本人の連絡先(電話番号)
    ・パスポート番号
       

  3. 日本の区役所で日本人の戸籍謄本を入手する。
  4.    

  5. 戸籍謄本を外務省で認証してもらう。
  6. ―必要なもの-
    ・戸籍謄本
    ・身分証明書(免許証など)
       

  7. 中国大使館でもう一度、戸籍謄本の認証してもらう。
  8. ―必要なもの-
    ・外務省で認証された戸籍謄本
    ・パスポートと写真ページのコピー
    ・免許証の原本とコピー
    ・委任状(第3者が申請する場合)
    ・代理人の身分証明書と写し
       

  9. 香港にある在香港日本総領事館で婚姻要件具備証明書を取得する。
  10. ―必要なもの-
    ・パスポートの原本とコピー
    ・戸籍謄本(3か月以内に発行されたもの)の原本とコピー
     外務省と中国大使館で認証されたもの
       

  11. 予約を入れた日に婚姻登記所で本登録を行う。
  12. ―必要なもの-
    ・香港人のIDカード原本
    ・日本人のパスポート原本と写し
    ・婚姻要件具備証明書(日本総領事館で取得したもの)
       

  13. 本登録の後に登記所の掲示板に二人の結婚のことを書かれた紙が貼られる。
  14.  ※15日間の間に結婚に反対がなければ、次の結婚式に進みます。
       

  15. 15日経過後に結婚登記所に出向き入籍式(結婚式)を行う。
  16.  ※結婚式には2人の証人の立ち合いの元に行われます。
       

  17. 結婚式が終了すると役所から「結婚登録証明書」が発行される。(香港側の手続き終了)
  18.    

  19. 在香港日本総領事館で婚姻届を提出する。(日本側手続き完了)
  20. ―必要なもの-
    ・二人のパスポートの原本と写し
    ・結婚登録証明書の原本と写し(結婚式の後に発行されるもの)
    ・戸籍謄本

 

まとめ


以上、香港人との婚姻する際の手続きについて説明させていただきました。
 
婚姻後に日本で一緒に生活する場合、香港人の配偶者は「日本人の配偶者等」の在留資格の取得が必要になります。その際は当事務所の活用もご検討ください。
 
当事務所では在留資格・ビザのご相談を随時受け付けております。
電話や問合せフォームよりお気軽にお問合せ下さい。