お役立ち情報

お問い合わせ

アメリカ人との結婚手続き

国際結婚 


 
こちらでは、アメリカ人と結婚する場合の手続きについて説明していきたいと思います。
 
アメリカ人と結婚する場合、日本とアメリカのどちらからでも手続きを始めることができます。
 
アメリカでは、婚姻のための要件が州ごとに異なっており、同じ州でも群によっては要件が異なる場合があります。
 
又、州によっては、結婚するときにその州に居住していなければならなかったりすることもあり、日本で結婚手続きをする場合と比べて要件や必要書類などが異なりますので、日本での結婚手続きをおすすめいたします。
 

日本で手続きを始める場合

日本で手続きを始める場合、日本の役所に婚姻届を提出すれば、アメリカ本国や在日米国大使館・領事館への届出は不要になります。
 
日本国内の市区町村役場へ婚姻届を提出した時点で、両国での婚姻が成立したことになります。
 

1.在日米国大使館・領事館で、結婚要件具備証明書を入手する。

・事前予約が必要になります。
・日本人婚約者が同行する必要なありません。

必要書類
・申請書(大使館のHPでダウンロード可)
・宣誓の予約書
・アメリカ人のパスポート

(参照:在日米大使館・領事館 公証

2.日本の市区町村の役所で結婚届を提出する。
必要書類
・結婚届
・在留カードのコピー
・日本人の戸籍謄本
・日本人の本人確認書類(免許証など)
・結婚要件具備証明書(原本、日本語訳のもの)

 

アメリカで手続きを始める場合

州によって手続きや要件が若干異なりますので、事前に確認してください。
 
以下に紹介するのは大まかな流れについてです。
 

1.日本人の結婚要件具備証明書を取得する。
必要書類
・日本人の戸籍謄本
・日本人の本人確認書類(運転免許証など)
・認印

2.結婚要件具備証明書の認証(アポスティーユ)を受ける。

(参照:公印確認、アポスティーユとは

3.米国の役所でマリッジライセンス(結婚許可証)を取得する。

アメリカには戸籍制度がありません。結婚できる資格を証明するものがこのマリッジライセンスです。

4.結婚式を行う。

結婚を成立させるためには結婚式を行う必要があります。結婚式での立会人(神父や牧師、裁判官など)がマリッジライセンスに署名することにより結婚が成立することになります。

5.婚姻の登録を行う。

署名入りのマリッジライセンスを役所(マリッジライセンスを取得したところ)に提出すると婚姻証明書を発行してもらえます。

6.日本の役所で結婚届を提出する。

在米日本国大使館・領事館または日本国内の市区町村役場に婚姻届を提出します。

必要書類
・婚姻届け
・日本人の戸籍謄本
・婚姻証明書(原本、日本語訳のもの)
・アメリカ人のパスポート

 

まとめ


以上、アメリカ人との婚姻する際の手続きについて説明させていただきました。
 
婚姻後に日本で一緒に生活する場合、香港人の配偶者は「日本人の配偶者等」の在留資格の取得が必要になります。その際は当事務所の活用もご検討ください。
 
当事務所では在留資格・ビザのご相談を随時受け付けております。
電話や問合せフォームよりお気軽にお問合せ下さい。