お役立ち情報

お問い合わせ ページトップへ

台湾人との結婚手続き

ビザ(在留資格)申請サポート 


 
台湾籍の方は日本人と同様、男性18歳以上、女性は16歳以上で婚姻可能です。
 
台湾籍の方と結婚する場合、日本で先に婚姻手続きをする場合(日本方式)と台湾で先に婚姻手続きをする場合(台湾方式)の2パターンがありますが、どちらを選択するかによって手順や必要な書類が変わってきます。
 
※運用方法の変更などにより、また市区町村役場や大使館・総領事館でも場所場所で必要になる書類が異なる場合があります。事前に届出先、申請先に問合せをしてご確認ください。
 

先に日本で手続きする場合

日本で先に婚姻手続きをする場合(日本方式)での進め方は以下のようになります。

1.台湾の市役所で「戸籍謄本」を取得する

来日する前に台湾の市役所で戸籍謄本を取得しておいてください。

【必要書類】

  1. 印鑑(認印可)
  2. 身分証明書(免許証など)

2.「結婚要件具備証明書」を取得する

日本にある台北経済文化代表処で「結婚要件具備証明書」を取得します。

【必要書類】

  1. 台湾人の戸籍謄本
  2. パスポート原本とコピー
  3. 証明写真

(リンク:台北経済文化代表処))

3.「婚姻届」を提出する.

日本の市役所で「婚姻要件具備証明書」などと共に「婚姻届」を提出します。

これで、日本側の手続きは終了です。

【必要書類】

  1. 婚姻届
  2. 台湾人のパスポート
  3. 結婚要件具備証明書(原本・翻訳文)
  4. 日本人の戸籍謄本(本籍地の市区町村役場に届出の場合は不要)
  5. 台湾人の戸籍謄本(配偶者の記載なし)

4.台北経済文化代表処で手続きをする

2人で台北経済文化代表処へ出向き、日本人と台湾人の戸籍謄本を提出します。

これで、台湾側の婚姻手続き終了です。

台北駐日経済文化代表処を通して台湾の市役所に転送されます。結婚登記は完了までに1ヶ月程度かかります。

【必要書類】

  1. 日本人の戸籍謄本(配偶者の記載されたもの)
  2. 台湾人の戸籍謄本(配偶者の記載なし)
  3. パスポート
  4. 印鑑

(リンク:台北経済文化代表処))

 

先に台湾で手続きする場合

台湾で先に婚姻手続きをする場合(台湾方式)での進め方は以下のようになります。

1.「戸籍謄本」を取得する

日本の市役所で「戸籍謄本」を取得します。

【必要書類】

  1. 印鑑(認印可)
  2. 身分証明書(免許証など)

2.「戸籍謄本」の認証を受ける

日本にある最寄りの台北経済文化代表処で「戸籍謄本」を認証してもらう。

台湾の場合、日本の外務省の認証は不要です。

(リンク:台北経済文化代表処))

3.「婚姻要件具備証明書」を取得する

台湾にある公益財団法人・日本台湾交流協会(日本大使館に相当する組織)で「婚姻要件具備証明書」を取得します。

【必要書類】

  1. 証明申請書
  2. パスポート
  3. 戸籍謄本

(リンク:公益財団法人 日本台湾交流協会

4.「婚姻要件具備証明書」に認証を受ける

台湾の外交部領事事務局において「婚姻要件具備証明書」の認証を受けます。

(リンク:外交部領事事務局

5.「婚姻届」「婚姻要件具備証明書」を提出する

台湾の市役所で「婚姻届」「婚姻要件具備証明書」を提出します。

これで、台湾側の婚姻手続きは終了です。

【必要書類】

  1. 婚姻届
  2. 婚姻要件具備証明書
  3. 身分証明書(台湾人、日本人)
  4. 印鑑(台湾人、日本人)
  5. パスポート

※「婚姻届」が受理された後に、「戸籍謄本(配偶者が記載されたもの)」と「婚姻届証明書」の発行を請求し、取得してください。

6.「婚姻届」を提出する

日本の市役所に「婚姻届」を提出します。

【必要書類】

  1. 婚姻届
  2. 日本人の戸籍謄本
  3. 身分証明書(免許証など)
  4. 印鑑
  5. 台湾で発行された結婚証明書(原本・翻訳文)
  6. 台湾人の戸籍謄本(配偶者の記載されたもの)(原本・翻訳文)
  7. 台湾人のパスポートのコピー

 

まとめ

  •  念のため事前に必要書類などを確認してください。
  •  日本方式で婚姻する方が手続きが簡単。
  •  台湾はビザ免除国なので、気軽に来日できます。

 

【ビザ・在留資格に係る申請】は可児行政書士事務所にお任せください

可児行政書士事務所では、在留資格(ビザ)に係る申請にあたって以下のようなサポートをさせていただきます。

お客様に代わって書類を収集します。

在留資格(ビザ)に係る申請では、在留資格に応じて様々な書類を集める必要があります。
 
それぞれ取得申請する役所が異なり、土・日・祝日には窓口は開いていないため、平日に時間をつくって役所に行かなければなりません。
 
当事務所がお客様に代わって、面倒な書類の収集をいたします。
書類の束

お客様に代わって書類を作成します。

在留資格(ビザ)に係る申請では、申請書をはじめ定められた書類を作成する必要がありますが、審査官の理解を得るために定められた書類以外の書類(「理由書」など)を作成した方がベターなケースがあります。
 
当事務所がお客様の事情に応じて、どのような資料を提出すべきかを考慮して、お客様に代わって書類の作成をいたします。
書類の作成

お客様に代わって出入国在留管理局に申請いたします。

申請時は、管轄の出入国在留管理局に行く必要がありますが、待ち時間が1時間以上となることも珍しくありません。
 
当事務所の申請取次行政書士がお客様に代わって申請いたしますので、お客様は出入国在留管理局に行く必要がありません。
出入国在留管理管理局

 



 

この記事を書いた人

大阪の行政書士 可児和武の画像
可児行政書士事務所の可児(かに)と申します。

旅行が好きで、ふらっと出かけることもあります。昔は家族でよく出かけていましたが、最近は妻も娘も相手にしてくれなくなったので、一人旅を楽しんでおります。サービスエリアで1人ソフトクリームを食べているおじさんを見たら、たぶんそれはワタシです。