お役立ち情報

お問い合わせ

韓国人との結婚手続き

国際結婚 


 
日本と大韓民国では結婚できる年齢が異なります。韓国は男女ともに18歳以上から結婚することが可能になります。以前は日本と同じ男18歳、女16歳でたが、2007年の大韓民国民法の改正により変更されました。ちなみに未成年の結婚は父母の同意が必要な部分は日本と同様です。
 
韓国人と結婚する場合、日本で先に婚姻手続きをする場合と韓国で先に婚姻手続きをする場合の2パターンがありますが、どちらを選択するかによって手順や必要な書類が変わってきます。
 
尚、日本人も韓国人もお互いの国に、短期滞在(90日まで)はノービザで訪問できます。
 

先に日本で手続きする場合

  1. 日本にある韓国大使館・総領事館で韓国人の証明書各種を取得する。
  2. ―取得する書類-
    ①基本事項証明書
    ②家族関係証明書
    ③婚姻関係証明書

     

  3. 証明書を日本語に翻訳する。(翻訳者の署名が必要)

  4.  

  5. 日本の市区町村の役所で書類を提出する。
  6. ―必要なもの-
    ・婚姻届
    ・戸籍謄本
    ・基本事項証明書
    ・家族関係証明書
    ・婚姻関係証明書
    ・翻訳文
    ・パスポート

     

  7. 婚姻届けを提出した市役所で婚姻届受理証明書を取得する。

  8.  

  9. 受理証明書をハングルに翻訳する。

  10.  

  11. 受理証明書などを韓国大使館・総領事館に提出する。
  12. ―必要なもの-
    ・婚姻届受理証明書
    ・翻訳文
    ・家族関係証明書

 

先に韓国で手続きする場合

  1. 日本の市区町村の役所で戸籍謄本を取得する。
  2. ―必要なもの-
    ・身分証明書(免許証など)
    ・認印

     

  3. 本籍地の法務局で婚姻要件具備証明書を取得する。
  4. ―必要なもの-
    ・戸籍謄本
    ・身分証明書(免許証など)
    ・認印

     

  5. 上記の書類ををハングルに翻訳する。

  6.  

  7. 韓国の市役所で各種書類を提出する。
  8. ―必要なもの-
    ・婚姻申告書(役所に設置 ネットからダウンロード可)
    ・韓国人の家族関係証明書
    ・韓国人の住民登録証
    ・日本人の戸籍謄本
    ・日本人の婚姻要件具備証明書
    ・日本人の婚姻要件具備証明書の韓国語訳文(翻訳者:本人可)
    ・日本人のパスポート

     

  9. 日本の市区町村の役所で各種書類を提出する。
  10. ―必要なもの-
    ・婚姻届(役所に設置)
    ・韓国人の家族関係証明書あるいは婚姻関係証明書
    ・上記の日本語訳文(翻訳者:本人可)
    ・日本人の認印
    ・身分証明書(免許証など)

 

まとめ


以上、韓国人との結婚する際の手続きについて説明させていただきました。
 
婚姻後に日本で一緒に生活する場合、韓国人の配偶者は「日本人の配偶者等」の在留資格の取得が必要になります。その際は当事務所の活用もご検討ください。
 
当事務所では在留資格・ビザのご相談を随時受け付けております。
電話や問合せフォームよりお気軽にお問合せ下さい。