お役立ち情報

お問い合わせ

公印確認、アポスティーユとは

外国人関連業務 

日本の官公署、自治体などが発行した公文書(戸籍謄本など)を外国の機関に提出する際に、その書類が公文書であることを証明する必要があります。
 
その証明する手段が、「公印確認」+「領事認証」です。
 

公印確認とは

「公印確認」とは、外務省がする証明のことで、日本にある外国の大使館・領事館の領事による「領事認証」を取得するために必要となるものです。
 
つまり、外務省による「公印確認」を受けたあと、当該国の領事による「領事確認」を受けることで公文書であることが証明されたことになります。
 
(注意事項)
提出先の意向で、外務省の公印確認ではなく、現地にある日本大使館・領事館の証明が必要な場合があります。外務省で公印確認を受けた書類は、現地の日本大使館・領事館で重ねて証明を受けることができませんので、あらかじめ提出先に確認をして下さい。
 

アポスティーユとは

提出先の国がハーグ条約締約国の場合、「アポスティーユ」を取得すると日本にある大使館・領事館の「領事認証」を受ける必要はありません。
 
「アポスティーユ」のみで、日本にある大使館・領事館の「領事認証」があるものと同等のものとして使用することができます。

>ハーグ条約締約国はこちらを参照ください。