お役立ち情報

お問い合わせ ページトップへ

外国人配偶者の連れ子を日本に呼びたい

ビザ(在留資格)申請サポート 


 
外国人と結婚してその後日本で暮らす場合に、外国人の配偶者だけでなくその人の前夫又は前妻との間に出来た子どもも日本へ呼び一緒に暮らしたいと考えることがあるかと思います。
 

この場合、外国人配偶者は「日本人の配偶者等」の在留資格の取得手続きを行い、連れ子の方は「定住者」の在留資格の申請を行うこととなります。
 

連れ子の定住者ビザは簡単ではない

連れ子の定住者ビザの取得についてですが、父または母が日本人と結婚し、配偶者ビザを取得できたからといって、子どもの方も必ずビザを取得できるとは限りません。

連れ子の定住者ビザの取得には次の要件をクリアする必要があります。

【クリアすべき要件】

  1. 外国人配偶者の実子であること
  2. 未成年で未婚であること
  3. 母国で扶養を受けていたこと

 

外国人配偶者の実子であること

1つ目の要件は、連れ子が外国人の父または母の実子であることです。

これは、出生証明書等で配偶者と連れ子が実の親子であることを証明出来ないといけません。
 

未成年で未婚であること

2つ目の要件は、連れ子が20歳未満で結婚をしていないことです。

ただ、連れ子の年齢が18歳以上などと高くなるにつれビザ取得は難しくなります。

理由としては、連れ子の年齢が高い場合は親の扶養がなくても本国で自立して生活することが可能ではないかと考えられるからです。
 

母国で扶養を受けていたこと

3つ目の要件は、連れ子が母国で暮らしている時に外国人の配偶者の扶養を受けて生活していたことです。

連れ子が自立して生活をしている場合は、わざわざ日本へ呼んで一緒に暮らす必要はないので申請は出来ないということです。
 

その他のポイント

養子縁組は不要

連れ子の定住者ビザを申請するにあたって日本人の父または母と養子縁組を行う必要があると考えられている人もおられるようですが、定住者ビザの申請にあたっては、養子縁組の必要はありません。
 

配偶者と同時申請ではない場合

先に外国人配偶者の在留資格(日本人の配偶者等)を取得して、時間の経過後に、本国の子どもを呼び寄せる場合は注意が必要です。

時間の経過後に呼ぶ場合は、就労目的の滞在など入国管理局から疑義を持たれる可能性が高いからです。
 
時間差がある合理的な理由(例えば、本国では祖父母が面倒を見ていたが、祖父母が高齢になったため子どもの面倒を見るのが難しくなったなど)を説明することが必要で、又それに加え、その間も子どもを扶養していたことを証明(国際送金の履歴など)する必要があります。
 

まとめ

以上、外国人配偶者の連れ子を日本に呼ぶための要件などについて説明させていただきました。ビザの取得申請の手続きは煩雑で集める書類も多岐に渡ります。専門家に相談されることをおすすめします。
 
当事務所では在留資格・ビザのご相談を随時受け付けております。
電話や問合せフォームよりお気軽にお問合せ下さい。
 

【ビザ・在留資格に係る申請】は可児行政書士事務所にお任せください

可児行政書士事務所では、在留資格(ビザ)に係る申請にあたって以下のようなサポートをさせていただきます。

お客様に代わって書類を収集します。

在留資格(ビザ)に係る申請では、在留資格に応じて様々な書類を集める必要があります。
 
それぞれ取得申請する役所が異なり、土・日・祝日には窓口は開いていないため、平日に時間をつくって役所に行かなければなりません。
 
当事務所がお客様に代わって、面倒な書類の収集をいたします。
書類の束

お客様に代わって書類を作成します。

在留資格(ビザ)に係る申請では、申請書をはじめ定められた書類を作成する必要がありますが、審査官の理解を得るために定められた書類以外の書類(「理由書」など)を作成した方がベターなケースがあります。
 
当事務所がお客様の事情に応じて、どのような資料を提出すべきかを考慮して、お客様に代わって書類の作成をいたします。
書類の作成

お客様に代わって出入国在留管理局に申請いたします。

申請時は、管轄の出入国在留管理局に行く必要がありますが、待ち時間が1時間以上となることも珍しくありません。
 
当事務所の申請取次行政書士がお客様に代わって申請いたしますので、お客様は出入国在留管理局に行く必要がありません。
出入国在留管理管理局

 



 

この記事を書いた人

大阪の行政書士 可児和武の画像
可児行政書士事務所の可児(かに)と申します。

旅行が好きで、ふらっと出かけることもあります。昔は家族でよく出かけていましたが、最近は妻も娘も相手にしてくれなくなったので、一人旅を楽しんでおります。サービスエリアで1人ソフトクリームを食べているおじさんを見たら、たぶんそれはワタシです。