お役立ち情報

お問い合わせ ページトップへ

外国人配偶者の連れ子を日本に呼びたい

ビザ(在留資格)申請サポート 


 
外国人と結婚してその後日本で暮らす場合に、外国人の配偶者だけでなくその人の前夫又は前妻との間に出来た子どもも日本へ呼び一緒に暮らしたいと考えることがあるかと思います。
 

この場合、外国人配偶者は「日本人の配偶者等」の在留資格の取得手続きを行い、連れ子の方は「定住者」の在留資格の申請を行うこととなります。
 

連れ子の定住者ビザは簡単ではない

連れ子の定住者ビザの取得についてですが、父または母が日本人と結婚し、配偶者ビザを取得できたからといって、子どもの方も必ずビザを取得できるとは限りません。連れ子の定住者ビザの取得には次の要件をクリアする必要があります。

外国人配偶者の実子であること

1つ目の要件は、連れ子が外国人の父または母の実子であることです。これは、出生証明書等で配偶者と連れ子が実の親子であることを証明出来ないといけません。
 

未成年で未婚であること

2つ目の要件は、連れ子が20歳未満で結婚をしていないことです。ただ、連れ子の年齢が18歳以上などと高くなるにつれビザ取得は難しくなります。理由としては、連れ子の年齢が高い場合は親の扶養がなくても本国で自立して生活することが可能ではないかと考えられるからです。
 

母国で扶養を受けていたこと

3つ目の要件は、連れ子が母国で暮らしている時に外国人の配偶者の扶養を受けて生活していたことです。連れ子が自立して生活をしている場合は、わざわざ日本へ呼んで一緒に暮らす必要はないので申請は出来ないということです。
 

その他のポイント

養子縁組は不要

連れ子の定住者ビザを申請するにあたって日本人の父または母と養子縁組を行う必要があると考えられている人もおられるようですが、定住者ビザの申請にあたっては、養子縁組の必要はありません。
 

配偶者と同時申請ではない場合

先に外国人配偶者の在留資格(日本人の配偶者等)を取得して、時間の経過後に、本国の子どもを呼びたいとなった場合は注意が必要です。時間の経過後に呼ぶ場合は、就労目的の滞在など入国管理局から疑義を持たれる可能性が高いからです。
 

時間差がある合理的な理由(例えば、本国では祖父母が面倒を見ていたが、祖父母が高齢になったため子どもの面倒を見るのが難しくなったなど)を説明し、又その間も子どもを扶養していたことを証明(国際送金の履歴など)する必要があります。
 

まとめ


以上、外国人配偶者の連れ子を日本に呼ぶための要件などについて説明させていただきました。ビザの取得申請の手続きは煩雑で集める書類も多岐に渡ります。専門家に相談されることをおすすめします。
 
当事務所では在留資格・ビザのご相談を随時受け付けております。
電話や問合せフォームよりお気軽にお問合せ下さい。