お役立ち情報

お問い合わせ ページトップへ

再入国許可期限証明願について

ビザ(在留資格)申請サポート 

 
再入国許可やみなし再入国許可で、一時的に日本を離れた外国人の方が、出国中に在留カードを失くしてしまった場合、どのように対処すればいいのでしょうか?
 
在留カードを失くしたとしても、原則、パスポートがあれば日本へ入国できます。

この場合にでも在留カードを失くした国の警察で紛失届を出し、紛失したことの証明書をもらって下さい。そして、日本に入国後すぐに入管で在留カードの再交付手続きをして下さい。

(再交付の手続きについてはコチラをご覧ください。)

 
注意が必要なのは、査証(VISA)免除国以外の国籍の方です。

(査証(VISA)免除国についてはコチラをご覧ください。)

というのは、査証(VISA)免除国以外の国籍の方は、日本へ向かう際の空港で、搭乗手続きの際に航空会社から搭乗拒否される場合があるからです。

このような場合に事前に「再入国許可期限証明書」を入手します。

空港などで査証(VISA)の提示を求められた場合に「再入国許可期限証明書」を提示することで、出国手続きをスムーズに行うことができるでしょう。

再入国許可期限証明書を取得する際の手順

「再入国許可期限証明書」を取得するときは、以下の手順で手続きいたします。

STEP1

委任状などの送付

「再入国許可期限証明願」の申請は、日本にいる代理人(※)にしてもらいます。
その代理人に委任状をメールやFAXなどで送付して下さい。

また、在留カードを紛失したことの証明書(遺失届出証明書、盗難届出証明書、罹災証明書など)も申請の際に必要になりますので、併せてメールやFAXで送付して下さい。

(※)代理人とは、本人と同居する親族や本人から委任を受けたことを証する委任状を所持する方をいいます。

STEP2

申請

委任を受けた代理人が出入国在留管理局で「再入国許可期限証明願」の申請をします。

STEP3

受取

入管で押印をもらった「再入国許可期限証明書」を代理人からメールやFAXなどで送付してもらいます。

STEP4

提示

出国時の空港などで「再入国許可期限証明書」を提示して下さい。

 

再入国許可期限証明書を取得する際の必要書類

代理人が出入国在留管理局にて「再入国許可期限証明書」の取得手続きをする際には、以下の書類が必要になります。

必要なもの
  1. 再入国許可期限証明願
  2. 委任状
  3. 紛失したことの証明書(遺失届出証明書、盗難届出証明書、罹災証明書など)のコピーおよび翻訳文

 

【ビザ・在留資格に係る申請】は、みなとまち行政書士事務所にお任せください

みなとまち行政書士事務所では、在留資格(ビザ)に係る申請にあたって以下のようなサポートをさせていただきます。

お客様に代わって書類を収集します。

在留資格(ビザ)に係る申請では、在留資格に応じて様々な書類を集める必要があります。
 
それぞれ取得申請する役所が異なり、土・日・祝日には窓口は開いていないため、平日に時間をつくって役所に行かなければなりません。
 
当事務所がお客様に代わって、面倒な書類の収集をいたします。
書類

お客様に代わって書類を作成します。

在留資格(ビザ)に係る申請では、申請書をはじめ定められた書類を作成する必要がありますが、審査官の理解を得るために定められた書類以外の書類(「理由書」など)を作成した方がベターなケースがあります。
 
当事務所がお客様の事情に応じて、どのような資料を提出すべきかを考慮して、お客様に代わって書類の作成をいたします。
書類の作成

お客様に代わって出入国在留管理局に申請いたします。

申請時は、管轄の出入国在留管理局に行く必要がありますが、待ち時間が1時間以上となることも珍しくありません。
 
当事務所の申請取次行政書士がお客様に代わって申請いたしますので、お客様は出入国在留管理局に行く必要がありません。
出入国在留管理局

 



 

この記事を書いた人

大阪の行政書士 可児和武の画像
みなとまち行政書士事務所の可児(かに)と申します。

旅行が好きで、ふらっと出かけることもあります。昔は家族でよく出かけていましたが、最近は妻も娘も相手にしてくれなくなったので、一人旅を楽しんでおります。サービスエリアで1人ソフトクリームを食べているおじさんを見たら、たぶんそれはワタシです。