お役立ち情報

お問い合わせ ページトップへ

在留カードを紛失したら

ビザ(在留資格)申請サポート 


 
日本に在留する外国人はパスポート又は在留カードを常に携帯する義務があります。そして警察官などから提示を求められたときは、応じなければなりません。
 
外出する際も持ち歩かなければならないものなので、失くしてしまうリスクも当然に高いといえます。
 
紛失に気が付いたらすぐに対処する必要があります。
 
 
こちらでは、在留カードを失くしてしまったときの対処方法について見ていきたいと思います。

 

在留カードを失くしてしまったら

失くしたことに気が付いたら、すぐに近くの警察や交番で「落とし物をした届出」をします。
 
そして『遺失届出証明書』をもらってください。これは在留カードの再交付申請のときに必要なものなので、大切に取り扱ってください。
 
次に住居地を管轄する入国管理局に行き「在留カードの再交付申請」をします。この申請は、失くしたことを知った日から14日以内にしなければならないとされています。
 

在留カードの再交付申請に必要な書類

在留カードの再交付申請に必要な書類は次のものです。

  • 在留カード再交付申請書
  • 顔写真(横3cm×縦4cm、撮影3か月以内、16歳未満は不要。)
  • 遺失届出証明書
  • パスポート(又は在留資格証明書)を提示
  • 資格外活動許可書を提示(同許可書の交付を受けている場合のみ。)

在留カードは、原則、その日に交付されます。
 

申請ができる人
  • 申請人本人(在留カードを失くした人)
  • 代理人(注)
  • 取次者(申請取次行政書士など)
    (注)申請人本人が16歳未満の場合は、同居する16歳以上の親族。
       本人が病気などにより行けない場合は、同居する16歳以上の親族(診断書が必要)。
       本人の依頼により代理する場合は、同居する16歳以上の親族(委任状が必要)。

 

日本国外で在留カードを失くしてしまったら


日本を出国中に在留カードをなくした場合も、日本の国内で失くした場合と同様にその国の警察で「落とし物をした届出」をしてください。そして、できれば届出をしたことの証明書をもらっておいてください。
 
日本に再入国後、すぐに住居地を管轄する入国管理局に行き「在留カードの再交付申請」をしてください。この申請は、再入国から14日以内にしなければならないとされています。

 

まとめ


以上、在留カードを失くしたときの対処方法について説明させていただきました。在留カードを失くしたことに気が付いたらすぐに警察に届け、その後入国管理局で再交付申請をしてください。これらは、失くしたことに気が付いてから14日以内にしなければなりません。
 
当事務所では在留資格・ビザのご相談を随時受け付けております。
電話や問合せフォームよりお気軽にお問合せ下さい。