韓国の本籍地が分からない場合|大阪 中央区の行政書士なら、相続・遺言書作成・帰化申請のサポートを行う『可児行政書士事務所』にお任せください。

06-4305-7395

お役立ち情報

お問い合わせ

韓国の本籍地が分からない場合

帰化申請 

本籍地(登録基準地)を確認する方法

在日韓国人・朝鮮人の方が帰化申請をするためには韓国の除籍謄本や各種証明書が必要となります。

 

これらの書類は、日本国内の韓国領事館へ請求すれば(窓口又は郵送)取得できますが、このときに韓国の本籍地(登録基準地)が必要になります。

ただ、韓国籍(朝鮮籍)であってもご自身やご両親の本籍地(登録基準地)を知らないという方は非常に多いです。

そんな「本籍地が分からない」という方は下記の方法を取ってみてください。

 

親・兄弟・親族に聞く

親族に韓国のパスポートを持っている方がいる場合、パスポート申請時の書類(韓国戸籍)にご両親やあなたの名前が載っているかもしれません。

 

又、親族に帰化した人がいる場合、帰化申請時の書類にご両親やあなたの名前が載っているかもしれませんので確認してみてください。

 

外国人登録原票を取り寄せる

多少の費用(300円/件)と時間(30日程度)はかかりますが、法務省に「外国人登録原票」の開示請求をします。

 

外国人登録原票とは

かって日本に90日を超えて滞在する外国人には登録する義務があり、各市区町村で「外国人登録原票」が保管され、住所、氏名、生年月日、入出国記録などが記録されていました。

 

この制度は2012年に廃止され、現在は「在留カード」となり、市区町村で日本人と同様に住民基本台帳により管理されています。

 

制度の廃止により「原票」は市区町村から法務省に移管されたため、請求は法務省に対してすることになります。