お役立ち情報

お問い合わせ ページトップへ

ビザ申請の必要書類【配偶者ビザ→定住者ビザ】

ビザ(在留資格)申請サポート 


日本人の配偶者と離婚した外国人が、離婚後も引き続いて日本での在留を希望する場合、いくつかの選択肢があります。(詳しくは『外国人が日本人と離婚した場合』をご覧ください。)

こちらの記事では、選択肢の一つである「定住者」ビザへの変更申請する際の必要書類について説明いたします。
 

在留資格変更許可申請

配偶者ビザから定住者ビザへの変更を申請する際に以下の書類を用意する必要があります。
 

必要書類
  1. 在留資格変更許可申請書
  2. 身元保証書
  3. パスポート提示
  4. 在留カード提示
  5. 申請者の写真(縦4cm×横3cm)
  6. 離婚届記載事項証明書(日本で届を出した場合)
  7. その他の書類(※1)

 
※1 「その他の書類」について
以下の書類は法定提出書類ではありませんが添付した方がいい書類です。

    • 申請人に関する書類
    • ・履歴書
      ・卒業証明書または在学証明書
      ・日本語能力を証明する書類
      ・住民票

    • 生計に関する書類
    • ・在職証明書
      ・納税証明書(1年間の総収入、課税額、納税額が記載されたもの。)
      ・給与明細のコピー
      ・勤務先の会社案内
      ・住居の写真(外観、玄関、台所、リビング、寝室)
      ・住居の不動産賃貸借契約書のコピー(賃貸の場合)もしくは登記事項証明書(自己所有の場合)
      ・預金通帳のコピー
      ・生計の概要を説明する書面

    • 身元保証人に関する書類
    • ・住民票
      ・在籍証明書
      ・納税証明書(1年間の総収入、課税額、納税額が記載されたもの。)

    • その他の書類
    • ・申請理由書(離婚に至った理由、日本に在留し続けたい理由などを記載)
      ・両親の嘆願書
      ・友人の嘆願書
      ・在日親族の上申書
      ・上司の上申書

 

この記事を書いた人

大阪の行政書士 可児和武の画像
可児行政書士事務所の可児(かに)と申します。

旅行が好きで、ふらっと出かけることもあります。昔は家族でよく出かけていましたが、最近は妻も娘も相手にしてくれなくなったので、一人旅を楽しんでおります。サービスエリアで1人ソフトクリームを食べているおじさんを見たら、たぶんそれはワタシです。