ビザの更新手続きを忘れていた場合の対処方法|相続手続き,遺言書作成,帰化,在留資格取得のサポートなら大阪市中央区上本町の可児行政書士事務所

06-4305-7395

お役立ち情報

お問い合わせ ページトップへ

ビザの更新手続きを忘れていた場合の対処方法

ビザ(在留資格)申請サポート 


 
ビザ(在留資格)には、在留期間が設けられておりその在留期間を一日でも過ぎるとオーバーステイ(不法残留)の扱いになります。

そしてオーバーステイは違法ですので、摘発・強制送還の対象になります。
 


 

こちらでは、うっかりとビザ(在留資格)の更新を忘れていて在留期間を過ぎていた場合の対処について説明していきます。
 

 

在留期間を過ぎていた場合の対処方法

在留期間が過ぎていた場合の具体的な対処方法は以下の通りです。
 


 
1.出入国在留管理局に連絡する

在留カードが期限切れになっているのに気が付いたら、ただちに出入国管理局に電話して、事情を説明してください。

そして、これからすべきこと、提出が必要な書類などについてお問合せください。

2.出入国在留管理局に本人が出頭する

出入国在留管理局への出頭指示がありますので、出頭いたします。

この時にできれば、日本語の堪能な人(職場の上司、日本人配偶者など)に同行してもらいましょう。

出入国在留管理局へ持参するもの ※参考

    • パスポート
    • 在留カード
    • 説明書(在留期間の更新を忘れた経緯、反省など)

 

してはいけないこと

在留期間が過ぎていたことに気づいた場合に絶対にしてはいけないことは以下の通りです。

問題から目を背けずに冷静に行動することが必要です。

    • そのまま放置する
    • 逃亡する

 

不法在留に対する罰則について

⑴ 不法在留の外国人労働者への罰則

不法在留の外国人に対する罰則は以下の通りです。

    • 強制送還
    • 3年以下の懲役・禁錮もしくは300万円以下の罰金

 

⑵ 不法在留の外国人雇用主への罰則

不法在留している外国人を雇用している雇用主も罪(不法労働助長罪)に問われ、以下の罰則があります。

    • 3年以下の懲役若しく300万円以下の罰金

 

まとめ


以上、ビザの更新手続きを忘れていた場合の対処方法ついて説明させていただきました。

通常の更新・変更申請に比べ大変な手続きになり、精神的にも大きな負担がかかることと思います。ビザの更新は3カ月前から手続きすることができますので、早めの手続きを心がけてください。

可児行政書士事務所では在留資格・ビザのご相談を随時受け付けております。
電話や問合せフォームよりお気軽にお問合せ下さい。