お役立ち情報

お問い合わせ

婚姻届の受理伺いについて

国際結婚 


 
結婚する際に「婚姻届」を本籍地もしくは住所地の役所に届け出をします。国際結婚でもこれは同じです。
 
日本人同士の婚姻であれば、問題になることはあまりないのですが、片方の人が外国人であるときに役所で婚姻届を受理していいものかどうかの判断がつかない場合があります。
例えば、日本人との結婚がめすらしい国の人であったり、オーバーステイが確認されたときなどです。
 
このようなときは、届け出を受けた役所から法務局に書類が送られ、法務局によって受理していいものかどうかの審査が行われます。
 
これが「受理伺い」といわれるものです。
 

どのような場合に受理伺いとなるのか?

  • 一方の人が日本人との婚姻が珍しい国の人である
  • オーバーステイ、不法滞在の場合

 

受理伺いとなった場合

「受理伺い」となった場合、法務局から呼び出しがあります。夫婦で出頭し職員と面談をすることになります。その中で二人が知り合ってから結婚するまでの経緯を詳細に説明することになります。結婚の真偽を確かめ偽装結婚を防止するために、プライベートなことですが根掘り葉掘り尋ねられることもあります。
 

審査にかかる期間

法務局での審査に1か月から数カ月かかります。急いでいる場合は、担当者に事情を担当者に説明することで、早くなることもあるようです。
 
審査後に法務局から役所に連絡がいき、役所から本人に連絡があります。
 
婚姻の成立日は、受理伺いとなった場合で審査の後に「婚姻届」が受理されたという場合でも、最初に「婚姻届」を届け出た日ということになるので、結婚記念日お間違えないようにして下さい。
 

婚姻届受理証明書

婚姻届が受理されたら日本人の戸籍に外国人の配偶者の名前が記載されますが、これには数日から役所によっては数週間かかることがあります。
 
この間に2人の婚姻関係を証明するために「婚姻届受理証明書」を取得しておきます。
 
これは、「婚姻届受理証明書をください」といえば、すぐに発行してもらえます。