お役立ち情報

お問い合わせ ページトップへ

台湾の戸籍謄本の取得方法について

帰化申請サポート 


 

帰化申請する場合に必要な書類の一つに「身分関係を証明する書類」がありますが、台湾籍の人はこの身分を証明する書類として「戸籍謄本」が必要になります。

こちらのページでは、台湾の戸籍謄本の取得方法についてみていきたいと思います。
 

台湾の戸籍について

台湾でも日本と同様に戸籍制度があります。

日本での戸籍の登録や変更は、本籍をおいている市区町村の役場で行いますが、台湾では「戸政事務所」をいう役所が行っており、この戸政事務者は戸籍の管理を専門に行っています。

戸政事務者は、市単位の地方自治体ごとに置かれています。

日本で戸籍を取得する場合、本籍地の役所のみて取得可能ですが、現在の台湾の戸籍は、コンピューターによるオンライン管理がなされていて、どの戸政事務所でも取得が可能です。

 

取得場所・方法

台湾の戸籍謄本は、駐日の台北駐日経済文化代表処や弁事処では取得することはできず、台湾にある戸政事務所(日本の役所に当たる政府機関)でしか発行されません。

取得方法としては、以下の4つの手段があります。


 

本人申請

本人が申請する場合は、「国民身分証」を提示する必要があります。

本人申請に必要なもの
  1. 申請書
  2. 国民身分証
  3. 認証手数料

 

代理申請

代理人が本人に代わって申請する場合、以下のものを用意する必要があります。

代理人は友人や知人のほか、業者に依頼することも可とされています。

代理申請に必要なもの
  1. 申請書
  2. 委任状 ※1
  3. 申請者のパスポートのコピー
  4. 代理人の個人情報(名前、生年月日、ID番号、戸籍の住所)
  5. 帰化記録のある日本の戸籍謄本(帰化した人のみ)
  6. 認証手数料

※1 委任状は台北駐日経済文化代表処の認証が必要です。
 

郵送による申請

台湾にある戸政事務所に郵送で申請する方法です。

郵送申請に必要なもの
  1. 戸籍閲覧申請書
  2. 申請者のパスポートのコピー
  3. 返信用封筒(住所氏名を記載、切手貼り付け)
  4. 費用500台湾ドル(戸籍謄本1部15ドル+EMS郵送代金等)
  5. 依頼書(簡単な内容を記載)
  6. 帰化記録のある日本の戸籍謄本(帰化した人のみ)

 

代行業者による申請

行政書士事務所などで、台湾戸籍の取得代行をしているところがあります。

費用(10万円程度)はかかりますが、そのような事務所に依頼することも手段の一つです。
 

台北駐日経済文化代表処について

台北駐日経済文化代表処とは、台湾(中華民国)の国外にある政府機関で、いわゆる大使館のような役割を担っている機関です。

台北駐大阪経済文化弁事処

住所: 大阪市北区中之島2丁目3-18 中之島フェスティバルタワー17階
電話: 06(6227)8623
https://www.roc-taiwan.org/JP/OSA

 

 

【ビザ・在留資格に係る申請】は可児行政書士事務所にお任せください

可児行政書士事務所では、在留資格(ビザ)に係る申請にあたって以下のようなサポートをさせていただきます。

お客様に代わって書類を収集します。

在留資格(ビザ)に係る申請では、在留資格に応じて様々な書類を集める必要があります。
 
それぞれ取得申請する役所が異なり、土・日・祝日には窓口は開いていないため、平日に時間をつくって役所に行かなければなりません。
 
当事務所がお客様に代わって、面倒な書類の収集をいたします。
書類の束

お客様に代わって書類を作成します。

在留資格(ビザ)に係る申請では、申請書をはじめ定められた書類を作成する必要がありますが、審査官の理解を得るために定められた書類以外の書類(「理由書」など)を作成した方がベターなケースがあります。
 
当事務所がお客様の事情に応じて、どのような資料を提出すべきかを考慮して、お客様に代わって書類の作成をいたします。
書類の作成

お客様に代わって出入国在留管理局に申請いたします。

申請時は、管轄の出入国在留管理局に行く必要がありますが、待ち時間が1時間以上となることも珍しくありません。
 
当事務所の申請取次行政書士がお客様に代わって申請いたしますので、お客様は出入国在留管理局に行く必要がありません。
出入国在留管理管理局

 



 

この記事を書いた人

大阪の行政書士 可児和武の画像
可児行政書士事務所の可児(かに)と申します。

旅行が好きで、ふらっと出かけることもあります。昔は家族でよく出かけていましたが、最近は妻も娘も相手にしてくれなくなったので、一人旅を楽しんでおります。サービスエリアで1人ソフトクリームを食べているおじさんを見たら、たぶんそれはワタシです。