お役立ち情報

お問い合わせ ページトップへ

「帰化の動機書」の書き方

帰化申請サポート 

ノートとペンの画像
 
帰化申請における必要書類の一つに「帰化の動機書」があります。

こちらでは、この帰化の動機書について説明してみたいと思います。

 

帰化の動機書とは

帰化の動機書とは、簡単にいうと「なぜ日本国籍を取得したいのかを説明するもの」です。

「なぜ日本国籍を取得したいのか」について作文するのですが、その想いに至るまでの生まれてからの人生を絡めて作文します。
 
 
具体的には以下の事項を織り交ぜて文章を組み立てて下さい。

    • いつ、どこで生まれたか
    • いつ日本に来日したか
    • 来日の目的
    • 学歴や専攻した分野について
    • 来日してからの活動内容
    • 家庭の状況
    • 善良な市民であることのアピール
    • 将来の夢
    • 日本の社会との関わり
    • 帰化することへの想い

 
その他に以下のポイントがあります。

    • 必ず自筆で書く
    • 15歳未満の人は提出不要
    • 特別永住者は免除(提出不要)

 

必ず自筆で書く

「帰化許可申請書」をはじめ、他の提出書類はパソコンで作成することができますが、この帰化の動機書だけは原則、手書きすることとされています。身体的な理由などで手書きすることが困難な場合は、法務局に相談してみてください。
 

15歳未満の人は提出不要

15歳未満の人は家族と一緒に申請する必要がありますが、この場合に動機書の提出は不要とされています。
 

特別永住者は免除

在日韓国人などの特別永住者は動機書の提出が免除されています。
 

帰化の動機書の例


帰化の動機書

 私は、〇年〇月〇日に生まれた中国人です。
 現在、大阪市の中央区で中華料理のレストランを経営しております。
高校を卒業後に叔父の経営するお店で修業をさせてもらい、平成〇年、私が25歳の時に中華料理の料理人として初めて日本にやってきました。
 それから10年後に現在経営している中華料理店をオープンし、現在に至っております。
 平成〇年5月に、日本人の女性(〇〇花子)と結婚し、平成〇年8月には長女〇を授かりました。
 私には前科がなく、税金や年金の納付義務もきっちり果たしており、善良な市民であると自負しております。
 現在経営しているレストランも軌道にのっていますので、将来はもう一店舗出したいと考えています。
 日本での家族との生活にとても幸せを感じており、今後もずっとこの生活が続けばと考え、帰化申請を致しました。

令和2年5月11日  
申請者 王 子豪

 

 

まとめ

  •  帰化の動機書とは、なぜ日本人になりたいのかを説明する書面のことです。
  •  過去、現在、将来のことを織り交ぜて記載してください。
  •  15歳以上の人は、必ず自分で書いてください。

 

この記事を書いた人

大阪の行政書士 可児和武の画像
可児行政書士事務所の可児(かに)と申します。

旅行が好きで、ふらっと出かけることもあります。昔は家族でよく出かけていましたが、最近は妻も娘も相手にしてくれなくなったので、一人旅を楽しんでおります。サービスエリアで1人ソフトクリームを食べているおじさんを見たら、たぶんそれはワタシです。
 

問い合わせページへのリンク画像
料金表ページへのリンク画像
関連ページリストへのリンク画像