相続順位|大阪 中央区の行政書士なら、相続・遺言書作成・帰化申請のサポートを行う『可児行政書士事務所』にお任せください。

06-4305-7395

お役立ち情報

お問い合わせ

相続順位

相続サポート 

相続順位について

相続は、どなたかが亡くなったことにより開始します。被相続人(亡くなった人)が有効な遺言を残していたときは、その遺言書に従って相続人(又は受遺者)に相続財産の引き継ぎがされます。

 

有効な遺言がない場合、相続財産の引き継ぎは、法定相続人による遺産分割協議で、「誰が」「何を」「どれだけ」を決めます。

こちらでは、親族のなかで誰が「法定相続人」に当たるのかを見ていきたいと思います。

 

法定相続人の範囲

配偶者は常に相続人となる

読んで字のごとしですが、配偶者は常に法定相続人となります(民法890条)。子どもの有無、親兄弟の有無に関わらず常に相続人となります。

 

但し、死亡の時点で離婚が成立している者(元夫や元妻)は配偶者ではありませんので、相続人とはなりません。又、内縁関係にある者(事実婚者や婚約者)も法律上は配偶者と認められませんので、相続人ではありません。

 

相続の第1順位 子ども

被相続人に子どもがいる場合、その子は相続人となります(民法887条)。又、生まれていない胎児であっても、相続においては既に生まれたものとみなされ(民法886条)、その胎児も相続人となります。(ただし死産の場合は、相続人とはなりません。)

 

離婚していて、子どもの親権が元配偶者になっている場合でも、その子どもは相続人となります。又、ここでいう子どもには、養子や特別養子も含まれます。

被相続人より先に子どもが死亡している場合でも、その子どもに子がいる場合は、その子(被相続人から見て孫)がいる場合、その子が相続人となります。

(これを代襲相続といいます。>>詳しくはこちら

被相続人に子ども(や代襲者)がいる場合、以下の人は相続人とはなりません。

 

相続の第2順位 直系尊属

被相続人に子どもがいない場合、被相続人の直系尊属(親、祖父母、曽祖父母、、、)が相続人となります(民法889条1項)。直系尊属とは、親、祖父母、曽祖父母、、、のことですが、親が存命である場合は、祖父母以降の人は相続人とはなりません。

 

相続の第3順位 兄弟姉妹

被相続人に子どもがなく直系尊属もいない場合、被相続人の兄弟姉妹が相続人となります(民法889条2項)。

 

兄弟姉妹が相続人となるケース(被相続人に子ども、直系尊属がいない場合)で、既に兄弟姉妹が死亡していた場合でも、その兄弟姉妹に子がある場合にはその子が相続人となります(代襲相続)

 

相続人関係図

以上のことを図に示すと下図のようになります。

 

相続人にはなれない人

上記の法定相続人に当たる人でも、下記の場合は相続人となることはできません。

  • 廃除請求により廃除された人
  • 相続欠格事由に該当する人
  • 相続放棄した人

 

お気軽にお問合せください

以上、相続順位について説明させていただきました。馴染みのない言葉ばかりで、よく理解できなかった人もおられるのではないでしょうか。些細なことでも構いませんので、お気軽にお問合せください。