お役立ち情報

お問い合わせ ページトップへ

死亡退職金は相続財産?

相続サポート 


 

在職中の人が死亡した場合、死亡退職金が支払われます。(会社の規定により支払われない場合のあります。)

この「死亡退職金」が相続財産であるか、遺産分割の対象となるかという問題があります。

こちらのページでは、死亡退職金の取り扱いについてみていきたいと思います。

 

受取人に関する規定がある場合

会社の規定に死亡退職金の受取人に関する規定がある場合は、相続財産とはならず、よって分割協議の対象とはなりません。これは、受取人の固有の権利であると考えられているためです。

相続財産ではないので、相続放棄をした場合でも死亡退職金は受け取ることができます。

 

受取人に関する規定がない場合

会社の規定に死亡退職金の受取人に関する規定がない場合は、相続財産となりうると考えられています。

この場合は、特定の人の固有財産となり得ないので、相続財産となり分割協議の対象となるという考え方や相続人が相続分に応じて取得するという考え方がありますが、裁判事例がないため明確な答えがないのが現状です。

 

死亡退職金も相続税の対象になります

相続財産とならない場合でも、相続税の対象となり課税されます。(「死亡保険金」も同様の取り扱いとなります。)

ご参照:『死亡保険金は相続財産となるのか』

死亡保険金や死亡退職金は、原則的に相続財産ではないでですが、「みなし相続財産」とされ、相続税を計算する際には相続財産に含めるという税法上の取り扱いがなされます。
 

まとめ

  • 死亡退職金は、会社の規定により支払われる場合と支払われない場合がある。
  • 死亡退職金は、受取人に関するの規定により相続財産となる場合とならない場合がある。
  • 相続財産とならない場合でも相続税の対象になる。

 
 

お気軽にお問合せください


可児行政書士事務所では相続に関するご相談を随時受け付けております。
電話や問合せフォームよりお気軽にお問合せ下さい。