死亡保険金は相続財産?|大阪 中央区の行政書士なら、相続・遺言書作成・帰化申請のサポートを行う『可児行政書士事務所』にお任せください。

06-4305-7395

お役立ち情報

お問い合わせ

死亡保険金は相続財産?

相続サポート 


 

死亡保険金は相続財産になるのか

被相続人(亡くなられた方)が保険に加入していた場合で、保険金の受取人が相続人のなかの1人であるということがありますが、この場合の死亡保険金は相続財産に含まれ、遺産分割の対象となるのでしょうか。

死亡保険金は、受取人固有の財産であるとされています。被相続人(亡くなられた方)が契約、保険金の払い込みをいた場合で受取人が指定されていた場合、死亡保険金はその受取人の固有の財産であると解釈されています。

 

受取人固有の財産であるということは、相続財産には含まれず遺産分割の対象とはなりません。

しかし、「特別受益」として問題になることがあります。
 

特別受益とは?

複数の相続人がいる場合で、その中の一部の相続人が被相続人(亡くなられた方)より遺贈や贈与によって利益を受けた場合にこの利益のことを「特別受益」といいます。

通常、相続で特別受益があった場合は、他の相続人との公平を期すため相続分の計算の際に「特別受益の持ち戻し」という操作をし、相続財産の再計算を行います。

 

相続財産とみなされる場合もある!

過去に死亡保険金が特別受益に当たるか否かが裁判で争われたことがあり、最高裁平成16年10月29日の決定は次のようなものです。

「保険金の額、この額の遺産の総額に対する比率、保険金受取人である相続人及びその他の共同相続人と被相続人との関係、各相続人の生活実態等、諸々の事情を総合判断して、保険金受取人である相続人とその他の共同相続人との間に生じる不公平が到底是認することができないほどに著しいものであると評価すべき特段の事情がある場合には、特別受益に準じて持戻しの対象となる。」

 

高額な死亡保険金には注意が必要です

上記の判例のように、死亡保険金がかなり高額な場合で、遺産の総額に占める割合が高い場合は特別受益に準じて持戻しの対象と判断されることがありますので注意が必要です。