お役立ち情報

お問い合わせ ページトップへ

帰化申請と交通違反

帰化申請サポート 

交通違反の取締
 
帰化申請時の要件の一つに素行善良要件というものがあり、これは文字どおりで「素行が善良であること」が要求されています。
 
 
「素行が善良であること」といわれても抽象的すぎて分かりにくいですが、

具体的には、

 「日本の法令に違反して,懲役,禁錮又は罰金に処せられたことがないこと」
 「少年法による保護処分中でないこと」
 「日常生活においても住民として社会的に非難されることのない生活を営んでいること」

などの事項が要求されています。
 

「日本の法令に違反して,懲役,禁錮又は罰金に処せられたことがないこと」には、殺人、傷害、窃盗などの犯罪はもちろんですが、交通違反による罰金もこの項目に含まれます。
 


 
こちらのページでは、交通違反が帰化申請にどう影響を与えるのかについて見ていきたいと思います。
 

 

交通違反は1回でもダメ?

1回でも違反をしていたら不許可になるのでしょうか?

交通違反が1回でもあったら不許可になるというものではありませんが、回数が多いほど不利にはたらくことは言うまでもありません。

飲酒運転のような重大な違反があれば一定年数の経過後でなければ、許可される可能性はかなり低くなります。

また、軽い交通違反であっても、同じ違反を何度も繰り返している場合は、反省の気持ちを疑われかねませんので注意が必要です。
 
 
帰化申請後に担当者による面接があり、交通違反について質問されることがあります。

その場合に大切なことは、ウソをつかず正直に答えるということ、また違反に対する反省の色を示すということが必要です。
 
 

「運転記録証明書」を取得することで違反状況の確認をすることができます。

 

運転記録証明書とは

運転記録証明書とは、過去5年間のの交通違反、交通事故、運転免許の行政処分の記録を証明するものです。

これを見れば、過去にどのような事故、違反をしたかが一目瞭然です。
 

(出典:自動車安全運転センター 証明書の見本)
 

申請方法

申請用紙に必要事項を記入し、手数料(1通につき670円、払込料金は別途)を添えてゆうちょ銀行・郵便局で申し込むか、センター事務所で直接申し込みます。

委任状があれば代理人による申し込みも可能です。
 
(リンク:自動車安全運転センター 申請方法
 

証明書の交付

証明書は、郵便での送付もしくはセンター事務所での交付になります。

郵便の場合は申請から1~2週間程度、窓口での受取の場合も即日交付はされておらず、1週間程度後に交付されます。
 

帰化申請中の注意

帰化の申請中も注意が必要です。

帰化申請は、申請書が受理されてから許可がでるまで長ければ1年程度の時間がかかってしまいます。

この間に交通違反があれば、その違反の度合いによっては、不許可になってしまうこともあり得ます。

ですから、申請書が受理されたからといって油断せず、十二分に安全運転を心がけることが必要です。

 

まとめ

以上、帰化申請と交通違反について説明させていただきました。

1~2回程度の軽微な交通違反では、すぐさま影響はないようですが、それでもやはり違反はないに越したことはありません。

可児行政書士事務所では帰化申請のご相談を随時受け付けております。
電話や問合せフォームよりお気軽にお問合せ下さい。

 

【ビザ・在留資格に係る申請】は可児行政書士事務所にお任せください

可児行政書士事務所では、在留資格(ビザ)に係る申請にあたって以下のようなサポートをさせていただきます。

お客様に代わって書類を収集します。

在留資格(ビザ)に係る申請では、在留資格に応じて様々な書類を集める必要があります。
 
それぞれ取得申請する役所が異なり、土・日・祝日には窓口は開いていないため、平日に時間をつくって役所に行かなければなりません。
 
当事務所がお客様に代わって、面倒な書類の収集をいたします。
書類の束

お客様に代わって書類を作成します。

在留資格(ビザ)に係る申請では、申請書をはじめ定められた書類を作成する必要がありますが、審査官の理解を得るために定められた書類以外の書類(「理由書」など)を作成した方がベターなケースがあります。
 
当事務所がお客様の事情に応じて、どのような資料を提出すべきかを考慮して、お客様に代わって書類の作成をいたします。
書類の作成

お客様に代わって出入国在留管理局に申請いたします。

申請時は、管轄の出入国在留管理局に行く必要がありますが、待ち時間が1時間以上となることも珍しくありません。
 
当事務所の申請取次行政書士がお客様に代わって申請いたしますので、お客様は出入国在留管理局に行く必要がありません。
出入国在留管理管理局

 



 

この記事を書いた人

大阪の行政書士 可児和武の画像
可児行政書士事務所の可児(かに)と申します。

旅行が好きで、ふらっと出かけることもあります。昔は家族でよく出かけていましたが、最近は妻も娘も相手にしてくれなくなったので、一人旅を楽しんでおります。サービスエリアで1人ソフトクリームを食べているおじさんを見たら、たぶんそれはワタシです。