お役立ち情報

お問い合わせ ページトップへ

外国人が会社を解雇されたら

ビザ(在留資格)申請サポート 


 
就労ビザを受け、日本で働いている外国人の方が会社から解雇された場合、どのような手続きをする必要があるのかについてみていきたいと思います。

 

まず、入管に届出を

働いていた会社や団体(所属機関)などを解雇等により離れた場合、出入国在留管理庁に対し、14日以内に届出をする義務が入管法により定められています。

この届出は、契約の終了や自分の意思で会社(や団体)を辞めた場合のみならず、会社都合による一方的な解雇であっても必ず行うことが必要です。

この届出をしなかったことによる罰則は設けられておりませんが、いずれ行うかもしれない在留資格の変更や在留期間の更新時の審査で、マイナスに影響することになってしまいます。
 

ご参考

(第十九条の十六) 
中長期在留者であつて、次の各号に掲げる在留資格をもつて本邦に在留する者は、当該各号に掲げる在留資格の区分に応じ、当該各号に定める事由が生じたときは、当該事由が生じた日から十四日以内に、法務省令で定める手続により、出入国在留管理庁長官に対し、その旨及び法務省令で定める事項を届け出なければならない。
一 教授、高度専門職(別表第一の二の表の高度専門職の項の下欄第一号ハ又は第二号(同号ハに掲げる活動に従事する場合に限る。)に係るものに限る。)、経営・管理、法律・会計業務、医療、教育、企業内転勤、技能実習、留学又は研修 当該在留資格に応じてそれぞれ別表第一の下欄に掲げる活動を行う本邦の公私の機関の名称若しくは所在地の変更若しくはその消滅又は当該機関からの離脱若しくは移籍

二 高度専門職(別表第一の二の表の高度専門職の項の下欄第一号イ若しくはロ又は第二号(同号イ又はロに掲げる活動に従事する場合に限る。)に係るものに限る。)、研究、技術・人文知識・国際業務、介護、興行(本邦の公私の機関との契約に基づいて当該在留資格に係る活動に従事する場合に限る。)、技能又は特定技能 契約の相手方である本邦の公私の機関(高度専門職の在留資格(同表の高度専門職の項の下欄第一号イに係るものに限る。)にあつては、法務大臣が指定する本邦の公私の機関)の名称若しくは所在地の変更若しくはその消滅又は当該機関との契約の終了若しくは新たな契約の締結

 
では、この14日以内の届出をした後、次は何をすべきでしょうか。
 

在留期間が残っている場合

在留資格の在留期間が残っている場合で、次も同じ職種で働くことを希望している場合は、残っている期間に限り在留し続けることができます。

原則は、正当な理由もなしに、当初認められた活動を継続して3カ月以上行わないで在留すれば、これは在留資格の取消し事由に該当することになります。

つまり、会社を解雇された人が、在留期間がまだ残っているいるからといって求職活動もせずに3カ月以上ぶらぶらしていると、そのことが発覚した場合には在留資格が取り消されてしまう恐れがあります。

ただし、正当な理由(病気、求職活動をしていること等)があれば、残っている在留期間中は、日本に在留することができます。(この場合でも、状況によっては“在留状況不良”とみなされ、その後の在留資格に係る手続きにマイナスの影響がでることもあります。)
 

ご参考

(第二十二条の四)
法務大臣は、別表第一又は別表第二の上欄の在留資格をもつて本邦に在留する外国人(第六十一条の二第一項の難民の認定を受けている者を除く。)について、次の各号に掲げるいずれかの事実が判明したときは、法務省令で定める手続により、当該外国人が現に有する在留資格を取り消すことができる。

六 別表第一の上欄の在留資格をもつて在留する者が、当該在留資格に応じ同表の下欄に掲げる活動を継続して三月(高度専門職の在留資格(別表第一の二の表の高度専門職の項の下欄第二号に係るものに限る。)をもつて在留する者にあつては、六月)以上行わないで在留していること(当該活動を行わないで在留していることにつき正当な理由がある場合を除く。)。

 

在留期間が残っていない場合

在留期間がわずかしか残っておらず、その期間内に次の仕事先を見つけられそうにない場合、在留資格「特定活動」への変更をすることが考えられます。

在留資格「特定活動」は、就業は認められていませんが、資格外活動を取得すればアルバイトをすることもできます。

(ご参照:『資格外活動許可申請書』について

 

まとめ

外国人の方が、会社を解雇された場合の処置の説明させていただきました。

会社都合により一方的に解雇されるなど解雇そのものが法的に問題がある場合であっても、まず最初に入管に届け出てください。

 

【ビザ・在留資格に係る申請】は可児行政書士事務所にお任せください

可児行政書士事務所では、在留資格(ビザ)に係る申請にあたって以下のようなサポートをさせていただきます。

お客様に代わって書類を収集します。

在留資格(ビザ)に係る申請では、在留資格に応じて様々な書類を集める必要があります。
 
それぞれ取得申請する役所が異なり、土・日・祝日には窓口は開いていないため、平日に時間をつくって役所に行かなければなりません。
 
当事務所がお客様に代わって、面倒な書類の収集をいたします。
書類の束

お客様に代わって書類を作成します。

在留資格(ビザ)に係る申請では、申請書をはじめ定められた書類を作成する必要がありますが、審査官の理解を得るために定められた書類以外の書類(「理由書」など)を作成した方がベターなケースがあります。
 
当事務所がお客様の事情に応じて、どのような資料を提出すべきかを考慮して、お客様に代わって書類の作成をいたします。
書類の作成

お客様に代わって出入国在留管理局に申請いたします。

申請時は、管轄の出入国在留管理局に行く必要がありますが、待ち時間が1時間以上となることも珍しくありません。
 
当事務所の申請取次行政書士がお客様に代わって申請いたしますので、お客様は出入国在留管理局に行く必要がありません。
出入国在留管理管理局

 



 

この記事を書いた人

大阪の行政書士 可児和武の画像
可児行政書士事務所の可児(かに)と申します。

旅行が好きで、ふらっと出かけることもあります。昔は家族でよく出かけていましたが、最近は妻も娘も相手にしてくれなくなったので、一人旅を楽しんでおります。サービスエリアで1人ソフトクリームを食べているおじさんを見たら、たぶんそれはワタシです。