お役立ち情報

お問い合わせ ページトップへ

すべての投稿

2019.07.26 遺言書作成サポート

自筆証書遺言の方式の緩和について

 自筆証書遺言の方式の緩和について民法の改正により自筆証書遺言の方式が緩和されました。この改正により自筆証書遺言作成時の遺言者の負担が大幅な軽減となりました。 2019年1月13日以...

2019.07.26 遺言書作成サポート

遺言書でできること

 遺言書でできること誰が、どのような割合で故人の遺産を引き継ぐのかは「法定相続分」として民法で規定していますが、被相続人(亡くなった人)が有効な遺言書を残していた場合は、その遺言...

2019.07.26 遺言書作成サポート

保険の受取人を遺言で変更する

 被保険者(保険をかけた人)が死亡した場合や保険期間が満了した場合などに、保険会社から支払われるお金のことを保険金といいます。 その保険金にも色々な種類があり、代表的なものに...

2019.07.26 遺言書作成サポート

危急時遺言とは

 ― 目次 ―危急時遺言について危急時遺言が成立するための要件危急者遺言のポイント根拠条文 危急時遺言について病気や事故などで死亡が目前にせまっている人が遺言する場合のために「...

2019.07.26 帰化申請サポート

帰化申請の要件について

 帰化申請を行い許可されるためには、法律で定められた「帰化申請の要件」を満たすことが必要です。ただし、すべての要件を満たせば必ず許可されるというものではなく、許可権者(法務大臣)...

2019.07.26 帰化申請サポート

帰化申請に必要な書類について

 帰化申請の際には、たくさんの書類を提出する必要があります。こちらでは、どのような書類が必要かについて説明させていただきます。― 目次 ―帰化申請に必要な書類について会社役員の方の...

2019.07.26 帰化申請サポート

帰化許可後の手続について

 帰化申請が許可され、日本国籍を取得した後にも様々な手続きをする必要があります。帰化が許可されると、法務局から身分証明書が交付されます。又、市区町村役場への帰化届出などの手続をし...

2019.07.26 帰化申請サポート

帰化と永住の違い

 帰化と永住の一番の違いは、国籍が日本になるか、それとも外国籍のままかということです。 どちらも就労活動に制限はなく、日本で安定した生活を送れることに変わりはありませんが、国...

2019.07.26 帰化申請サポート

登録基準地(韓国の本籍地)が分からない場合

 在日韓国人・朝鮮人の方が帰化申請などをするためには韓国の除籍謄本や各種証明書が必要となります。 これらの書類は、日本国内の韓国領事館へ請求すれば(窓口又は郵送)取得できます...

2019.07.26 帰化申請サポート

簡易帰化とは

 簡易帰化とは簡易帰化とは在日韓国人・朝鮮人(特別永住者)の方や、日本人と結婚している外国が帰化される際に適用される制度です。 「簡易」という名称が使われていますが、帰化の要...

2019.07.26 相続サポート

遺産分割方法について

 有効な遺言がないときは、法定相続人全員による遺産分割協議で、「誰が」「何を」「どれだけ」相続するのかを決めることになります。遺産分割の方法にも以下の種類があり、それぞれにメリッ...