お役立ち情報

お問い合わせ ページトップへ

すべての投稿

2019.07.26 相続サポート

相続における『不在者財産管理人』とは

 不在者財産管理人とは「不在者財産管理人」とは、文字通り不在者(行方不明者)の財産を行方不明者に代わって管理する人のことです。 相続の場面でこの不在者財産管理人が出てくるのは...

2019.07.26 相続サポート

相続における『失踪宣告』とは

 失踪宣告とは失踪宣告がなされるうえで、失踪は次の2つに分かれます。【失踪宣告の分類】普通失踪危難失踪不在者(行方不明者)の生死が7年間明らかでない場合は、普通失踪となります。一...

2019.07.26 相続サポート

相続における『特別代理人』について

 相続において親は子を代理することができません未成年者が法律行為を行う場合、法定代理人の同意が必要と法定されています。 通常、法定代理人は子の親(親権を行う者)が務めますが、...

2019.07.26 相続サポート

相続放棄について

 相続が開始した場合に、相続人は被相続人(亡くなった人)の財産を受け継ぎます。「財産」と聞くと、預貯金や不動産、車や骨とう品などのプラスの財産をイメージしがちですが、借金や債務(...

2019.07.26 相続サポート

限定承認について

相続が開始した場合に、相続人は被相続人(亡くなった人)の財産を受け継ぎます。「財産」と聞くと、預貯金や不動産、車や骨とう品などのプラスの財産をイメージしがちですが、借金や債務(法律上...

2019.07.26 相続サポート

死亡退職金は相続財産?

 在職中の人が死亡した場合、死亡退職金が支払われます。(会社の規定により支払われない場合のあります。)この「死亡退職金」が相続財産であるか、遺産分割の対象となるかという問題があり...

2019.07.26 相続サポート

特別縁故者とは?

 相続の場面で、有効な遺言書が残されていない場合、故人の遺産は法定相続人が相続するのが原則です。しかし、例外的に法定相続人以外の人が財産の分与を受けることができる場合があります。...

2019.07.26 相続サポート

相続順位について

 相続は、どなたかが亡くなったことにより開始します。被相続人(亡くなった人)が有効な遺言を残していたときは、その遺言書に従って相続人(又は受遺者)に相続財産の引き継ぎがされます。&...

2019.07.26 相続サポート

相続欠格とは

 法定相続人であっても、相続する権利を失うことがあります。これにはいくつかのケースがありますが、相続人が自らの意思に反して相続する権利を失うものに「相続欠格」と「廃除」があります...

2019.07.26 相続サポート

相続廃除とは

 法定相続人であっても、相続する権利を失うことがあります。いくつかのケースがありますが、相続人が自らの意思に反して相続する権利を失うものに「相続欠格」と「廃除」があります。 ...

2019.07.26 相続サポート遺言書作成サポート

祭祀継承者とは

 家系図やお墓、位牌、仏壇などは「祭祀財産(さいしざいさん)」といわれます。 この祭祀財産を引き継ぎ、管理する者を「祭祀継承者(さいしけいしょうしゃ)」といいます。 祭祀...

2019.07.26 相続サポート

相続にまつわる時効について

 遺産相続において、法律によって最低限の遺産をもらえる権利の行使(遺留分侵害請求権)や相続する権利を邪魔された場合にそれを回復する権利の行使(相続回復請求権)などが民法により規定...

2019.07.26 相続サポート

相続税の計算方法

  相続税の計算方法について相続した人は相続税を支払わなければならないと思ってしまいそうですが、全員にかかるわけではありません。 統計では、およそ8%の人に課税されているにすぎ...

2019.07.26 相続サポート

小規模宅地等の特例とは

 相続によって土地を取得した場合、その全てに相続税が満額かかってしまうと、その税金を支払うためにその土地を売却せざるを得ないことになるかもしれません。その土地の上で事業を行ってい...

2019.07.26 遺言書作成サポート

遺言書の作成方法について

 遺言書を書く前に遺言書を書き始める前にある程度決めておいた方がいい事項があります。事前にすべて整っている必要はありませんが、以下の項目についてある程度考えをまとめておけば、遺言...

2019.07.26 相続サポート遺言書作成サポート

遺言執行者とは

 遺言執行者とは?「遺言執行者(いごんしっこうしゃ)」とは、読んで字のごとく遺言の内容を実現する人で、遺言の内容に従って様々な手続き(不動産の所有権の移転、預貯金の分配など)を取...

2019.07.26 遺言書作成サポート

遺言書の検認とは

 検認について自筆証書遺言を発見した相続人は、遺言された方の死亡を知った後、遅滞なく遺言書を家庭裁判所に提出して、その「検認」を請求しなければなりません。「検認」を受けなかった場...

2019.07.26 遺言書作成サポート

遺贈と死因贈与の違い

 遺言書を作成しようと色々と調べる中、「相続」や「遺贈」「死因贈与」などの用語が出てくると思います。どの用語も死亡によって遺産を承継する制度という点では同じですが、(共通する部分...

2019.07.26 遺言書作成サポート

包括遺贈と特定遺贈の違い

 「包括遺贈(ほうかついぞう」と「特定遺贈(とくていいぞう)」自分の死後、自分の財産を法定相続人に対し譲り渡したいときは「~に相続させる」という文言を使い、法定相続人以外の知人・...

2019.07.26 遺言書作成サポート

「相続させる」と「遺贈する」の違い

 遺言により自らの財産を親族等に引き継ぐ場合、「~に相続させる」や「~に遺贈する」という文言を使用します。 どちらも遺言者が死亡した場合に、自身の財産を譲り渡す意図で使用する...